石鹸百科
検索
OLD TOPIC
Topic title

スチーム式アロマ加湿器 使用報告

尾白

こんにちは尾白です。
新発売された「スチーム式アロマ加湿器 EHF001」、
百貨さんで発売される少し前、偶然デパート店頭で購入しました。
主に寝室で使っていますがなかなかいいですよ。

特に気に入ってるのは、、
・蒸気で加湿するので部屋の温度が下がらない
・音が小さい(静かな雨の音に似てます)ので、枕元でも気にならない
・エッセンシャルオイルがほのかに長く香る
・フィルターがないので手入れが簡単
の4点です。

欠点は特に思いつかないのですが、しいて挙げるなら、
・60度位の蒸気が出るので小さな子供は注意が必要
・湿度調整機能がないので加湿しすぎる場合がある
の2点でしょうか。

ちなみに私は、毎朝窓を開けて換気をする際、
扇風機を下向き(湿気は下にたまるので)と上向きにしばらくまわして、
湿気をよくとばすようにしています。

実は、我が家には気化式の加湿器(ボネコ標準型)もあるのですが、
私にはスチーム式の方が合っているようです。

ただ、気化式とスチーム式はそれぞれ一長一短があり、
使う人の家族構成や使い方、好み等にかなり左右されるので、
一概にどちらかが優れているとは言えないと思います。

ご参考までに、気化式と言うか家にあるボネコ標準タイプの利点は、
・湿度調整がとても自然に出来るので部屋を加湿しすぎる心配がない
・適用面積が広い
・水を温めないので電気代が安い
・わりと運転音が静か
・シンプルな構造なので手入れが楽

対して、唯一にして最大の不満は、
・水を温めないので冷気が吹き上がり部屋の温度が下がる。
特に寒い時期、寝室で使えないくらい寒い!これに尽きます。

なお、アロマの香りは、
ティッシュにオイルをたらして吹出口にテープで簡単に止めれば、
見た目は悪いのですが大概の加湿器でも楽しめると思います。
(もちろん、スチーム式アロマ加湿器は、
アロマカップが内蔵されているので見た目もすっきりおしゃれです 笑)

スチーム式アロマ加湿器 EHF001
http : //www.rakuten.co.jp/live-science/435024/535686/

旧石けん楽会のこのトピックを見る
2003年10月30日
0人の方がこのトピックをお気に入りに入れています
お気に入りに登録

Comment list

  • これ、いいですね!

    らぶ

    尾白さん、こんにちは。

    尾白さんの投稿を見て、初めて、ここの石けん百貨に商品が販売されているのを知り、さっそく、商品の概要とか、他の方のレスを読んだのですが、この商品、とっても良いですね!

    私は、気管と鼻が悪く、喉や鼻が風邪などで炎症を起こすたびに、
    ティートリーの精油を熱湯を入れたコップに入れて、吸入していたのですが、この商品なら、部屋中がアロマオイルの香りが漂うと思うので、鼻とか気管にとても良いのではと思いました。

    それに、何より魅力なのは、手入れが簡単で、お値段も安いところです(笑)
    とても合理的に出来ている商品だと思いました。

    アロマオイルという自然のもので部屋の空気を浄化したり、リラックスできるとともに、加湿も出来るなんて、一石二鳥ですね。

    私も注文したいと思いました(笑)

    どうもありがとうございました。

    2003年11月02日
    親投稿前の投稿次の投稿
  • Re: スチーム式アロマ加湿器 使用報告

    Ilia

    こんにちわ。アロマ大好きIliaです。

    尾白さん、使用報告ありがとうございます。

    > 新発売された「スチーム式アロマ加湿器 EHF001」、
    > 百貨さんで発売される少し前、偶然デパート店頭で購入しました。
    > 主に寝室で使っていますがなかなかいいですよ。

    私も百貨さんで発売されたということで注目していたんです。

    私は今、台湾に住んでいます。
    台北は日本に比べて冬でも湿度は高いのですが、
    マンションに住んでいるため、室内は結構乾燥しています。
    前の住人が使っていた加湿器が寝室においてあるのですが、
    古くて、かびとかはえてそうでなんとなく使っていません(^^;)
    (大掃除すればいいんでしょうけど。。。)

    この加湿器なら小さいし、日本で買ってハンドキャリーで
    もって帰ることができそうですね。

    尾白さんのレポートを読んでますます欲しくなりました。

  • 手入れの簡単さ

    尾白

    Iliaさん、こんにちは。
    以前、クレンジング用にセサミオイルを教えて頂きありがとうございました。
    あれから何種類かオイルを試しましたが、
    私にはセサミオイルが一番合っているようで何回もリピートして愛用しています。

    > 前の住人が使っていた加湿器が寝室においてあるのですが、
    > 古くて、かびとかはえてそうでなんとなく使っていません(^^;)
    > (大掃除すればいいんでしょうけど。。。)

    加湿器は、意外と手入れが面倒なものが多いです。
    手入れの簡単さは、購入前の重要チェックポイントだと思います。

    特にフィルターが必要な加湿器は、
    こまめにフィルターを乾かさないとカビが生えてすごいことになります。
    (去年会社で買ったハイブリッド式のナショナル多機能加湿器で体験済みです。(^^ゞ )

    会社の加湿器は、フィルターを畳んで枠に収めるタイプなのですが、
    まめにじゃばらに折り畳まれたフィルターを広げて乾かさないと
    すぐ折り畳まれた部分がカビてしまうんです。

    しかも、まめに広げて干して、乾いたら畳んで枠に収納し直していると、
    じゃばら部分がちぎれてきて、
    性能的に問題はないのですがすごく扱いにくくなります。

    この点でもフィルター不要の「スチーム式アロマ加湿器 EHF001」は、
    かなりお薦めです。
    台湾にお住まいのIliaさんには、
    替フィルターを追加購入しなくて済む点もポイント高いですね。

    ちなみに「スチーム式アロマ加湿器 EHF001」の毎日のお手入れは、
    タンクと本体に残った水を捨て、タンクの中身をさっと水洗いして、
    本体内部の水分を拭き取り乾かすくらいです。
    (本体は1.2キロと軽いので持ち運びは楽ちんです)

  • Re: 手入れの簡単さ

    Ilia

    尾白さん、こんにちわ。Iliaです。

    > 以前、クレンジング用にセサミオイルを教えて頂きありがとうございました。
    > あれから何種類かオイルを試しましたが、
    > 私にはセサミオイルが一番合っているようで何回もリピートして愛用しています。

    そうですか〜。そういってくださって、うれしいです。
    セサミはマッサージにもいいですからクレンジングと兼用で使えますよ(^^)

    > 加湿器は、意外と手入れが面倒なものが多いです。
    > 手入れの簡単さは、購入前の重要チェックポイントだと思います。
    >
    > 特にフィルターが必要な加湿器は、
    > こまめにフィルターを乾かさないとカビが生えてすごいことになります。
    > (去年会社で買ったハイブリッド式のナショナル多機能加湿器で体験済みです。(^^ゞ )

    ですよね〜。
    そのカビの胞子が飛んでいるかと思うと。。。
    なので、加湿器ってなかなか買う気になれなかったのです。

    > この点でもフィルター不要の「スチーム式アロマ加湿器 EHF001」は、
    > かなりお薦めです。
    > 台湾にお住まいのIliaさんには、
    > 替フィルターを追加購入しなくて済む点もポイント高いですね。

    それをお聞きして、ますますほしくなりました。

    > ちなみに「スチーム式アロマ加湿器 EHF001」の毎日のお手入れは、
    > タンクと本体に残った水を捨て、タンクの中身をさっと水洗いして、
    > 本体内部の水分を拭き取り乾かすくらいです。
    > (本体は1.2キロと軽いので持ち運びは楽ちんです)

    今度日本に帰ったら、絶対買おう!

    ありがとうございました。

  • 注文しました(笑)

    ゲド

    こんにちは、尾白さん、Iliaさん、皆さん。
    ゲドです。

    会社で前任者から引き継いで一冬使った加湿器があるのですが、長い間お手入れしていなかったらしく、
    フェルト製のフィルターに水道の硬度成分がガチガチに固まり、クエン酸などで手入れしてみたのですが、
    思うようにきれいになりませんでした。
    (フィルタのレフィルも調べる気力なし…)

    それで、お二人の投稿を拝見し、思わずエレクトロラックスの加湿器を購入してしまいました(笑)。
    フィルタがないのは嬉しいですし、軽量でシンプルなデザインや色も気に入ってしまいました。
    来週には届くと思うのですが、今からとっても楽しみです。
    何かとストレスのたまりがちな職場ゆえ、ラベンダーのオイルでリラックスできるでしょうか。

    情報、有難うございました。

  • 鉱物成分の手入れ

    尾白

    尾白です。ゲドさん、お返事が遅れてすみません。

    > 会社で前任者から引き継いで一冬使った加湿器があるのですが、長い間お手入れしていなかったらしく、
    > フェルト製のフィルターに水道の硬度成分がガチガチに固まり、クエン酸などで手入れしてみたのですが、
    > 思うようにきれいになりませんでした。
    > (フィルタのレフィルも調べる気力なし…)

    スチーム式アロマ加湿器にも
    水道の硬度成分による鉱物成分や水アカがたまります。

    もし、スチーム式加湿器が手入れ不要であるような印象を
    私の書き込みから受けてしまいましたら深くお詫びします。

    とは言うものの、
    スチーム式アロマ加湿器は、非常にシンプルな構造で、
    部品の取り外しも簡単ですし、
    蒸気が直接発生する発熱部の細部までよく洗えますので、
    やっぱり手入れの簡単さに優れた製品だと思います。

    詳しい手入れ方法については、ツリー下の私の書き込み
    【お詫びと訂正】週1・2回必要な手入れ及び、
    【訂正】発熱部洗えました!をご参照下さい。

  • Re: 注文しました(笑)

    はなやさい

    こんにちは、ちょこっとお邪魔します。

    ラベンダーだと眠くなる方がいらっしゃるかもしれませんね。(^^)

    > 何かとストレスのたまりがちな職場ゆえ、ラベンダーのオイルでリラックスできるでしょうか。

  • アドバイス有難うございます

    ゲド

    こんにちは、ゲドです。

    > こんにちは、ちょこっとお邪魔します。
    >
    > ラベンダーだと眠くなる方がいらっしゃるかもしれませんね。(^^)

    いっそ眠ってくれた方がいいかも(笑)。いやいや。
    職場の環境的には、蒸気が回る範囲内には私しかいませんので、大丈夫でしょう。
    (ということは、私が寝てしまうでしょうか。これぞストレスからの究極の解放(笑)!)
    アドバイス、有難うございました。

  • Re: アドバイス有難うございます

    Ilia

    こんにちわ。Iliaです。

    > いっそ眠ってくれた方がいいかも(笑)。いやいや。
    > 職場の環境的には、蒸気が回る範囲内には私しかいませんので、大丈夫でしょう。
    > (ということは、私が寝てしまうでしょうか。これぞストレスからの究極の解放(笑)!)
    > アドバイス、有難うございました。

    お昼ごはんを食べたあととか眠いですよね〜。
    ラベンダーに少しだけペパーミントとかティーツリーとか
    ブレンドするといいですよ。

  • Re^2: アドバイス有難うございます

    尾白

    こんにちは。尾白です。

    > お昼ごはんを食べたあととか眠いですよね〜。
    > ラベンダーに少しだけペパーミントとかティーツリーとか
    > ブレンドするといいですよ。

    いいことを伺いました。
    早速会社のハイブリッド加湿器くんの吹き出し口に
    オイルをたらしたティッシュを貼り付けます!
    (見た目が悪いのが玉に傷ですが 笑)

  • ラベンダー・ティーツリー・ミント

    ゲド

    こんにちは、ゲドです。

    > > お昼ごはんを食べたあととか眠いですよね〜。
    > > ラベンダーに少しだけペパーミントとかティーツリーとか
    > > ブレンドするといいですよ。
    >
    > いいことを伺いました。
    > 早速会社のハイブリッド加湿器くんの吹き出し口に
    > オイルをたらしたティッシュを貼り付けます!
    > (見た目が悪いのが玉に傷ですが 笑)

    そう言えば、私が職場で愛用しているメドウスのエレファントバームには、
    ラベンダー、ティーツリー、ペパーミントの全てがブレンドされています。(他にローズマリーとシナモンリーフも。)
    この相乗効果(?)のおかげか、私は職場でほとんど眠くなったことがありません。
    ストレスからの究極の解放は自宅でするとして(笑)、私も三つのブレンド試してみますね。

    どうもありがとうございました。

  • Re: ラベンダー・ティーツリー・ミント

    Ilia

    こんにちわ。Iliaです。

    忘れてました。
    ローズマリーは集中力を増すのにとてもいい精油です。
    仕事場ならローズマリーもぜひ。

  • 実際にお使いの方々に質問なのですが

    加藤

    はじめまして、加藤と申します。
    過去に古い加湿器を使っていましたがタンク内に手を入れて洗えなかったり、フィルター等でのカビの発生で現在、新しい加湿器を探していてリアルタイムな内容で嬉しく思っております!

    1.そこで、実際にお使いの方々に質問なのですが8時間連続運転でタンク内の水が無くなったら停止する自動オフ機能が付いてるそうなのですが、タイマーの有無についてが分かりませんでした。
    タイマーは付いていますか?

    2.それとタンクの内部の洗浄ですが、スポンジ等を入れて洗浄できますでしょうか?

    3.また、本体内部の水(蒸気)が通過する場所の洗浄が可能かなど教えて頂けると嬉しいです。

    4.アロマカップなるものがあり、それに精油を入れる説明がありましたが、このカップはエタノール消毒が出来そうでしょうか?(少々、趣味でアロマをしてますが精油の香りを使用した容器から取り除くにはエタノールで消毒しています)

    5.写真で見たのですが、吹き出し口の上にアロマカップを乗せていますよね?この吹き出し口も外して洗浄が可能でしょうか?
    http://www.citygas.co.jp/shop/3710.html(参考サイト)

    どうか、よろしくお願い致します。

  • もう1つ

    加藤

    蒸気ですが、天上にダイレクトに届くような状態でしょうか?
    (蒸気の向きは変えられませんよね?)
    向きが変えられないと天上への影響が心配で・・・壁紙がはがれそう?

    この辺はどうでしょうか?

  • ご質問に対する回答

    尾白

    加藤さん、こんにちは。
    まだ使い始めて間がないのですが、分かる範囲でお答えしますね。

    ■タイマーについて
    タイマーはありません。
    ただ、水が無くなると自動的に止まるので、
    8時間分の水量から逆算して、止めたい時間分の水を入れれば、
    すごく大雑把ですがある程度タイマーの替わりになると思いますよ。


    ■タンク内の洗浄について
    タンクの口の直径は約3cmと狭いので、
    普通のスポンジで洗うのは無理だと思います。
    (やったことはありませんが、ピンブラシなら可能かも)

    ただ、中身は水道水なので、私は普段の手入れは水洗いのみです。
    個人的にはタンク内の洗浄に限らず、
    まめに洗って「完全に乾かす」ことの方が、大切ではないかと思っています。

    また、こちらのページもご参考になるのではないでしょうか。
    ・口の狭い瓶の洗い方
    http://www.live-science.com/honkan/qanda/kitchen04.html


    ■蒸気槽の洗浄について
    本体内部の水(蒸気)が通過する場所(蒸気槽)は、
    ひねりながら引っ張っると取り外せます。
    やや口が狭いのですが、外せば普通のスポンジで洗えます。
    蒸気が発生する場所は、機械内部なので洗浄できないと思います。


    ■アロマカップのエタノール消毒について
    すみません。エタノール洗浄をしても傷まない素材かどうか、
    私の知識では分からなのでお答えできません。
    石鹸などで洗う分には、特に問題なく洗えると思います。


    ■吹き出し口の洗浄について
    多分、吹き出し口とおっしゃっているのは、
    蒸気槽のことだと思います。

    蒸気槽は高さ15cm位のプラスチックで、
    この上部(6?×8cmくらいのかまぼこ形になってます)に
    アロマカップをひっかける仕組みになってます。

    蒸気槽はひねりながら引っ張れば取り外せるので問題なく洗えます。


    ■蒸気の向きについて
    蒸気の向きは上方向のみで変えられません。
    でも、天井にまで届くような勢いはありません。
    なんだかしょぼしょぼとした感じの柔らかい蒸気です。

    ただ、壁際で、同じ場所に置かれた場合、
    長い間使い続ければ壁紙のダメージはあり得ると思います。

    でも、さきほど通販生活の商品データベース(愛用者の声)の中に
    我が家にある気化式のボネコ標準型でも、
    密閉性の高い部屋で使って、壁やたんすの裏がカビだらけになったと言う投稿を見つけました。

    スチーム式、気化式、ハイブリッド式に限らず、
    タンクからなくなった水は形を変えて部屋に拡散しているので、
    まずはこまめに換気することが大切だと思います。

    カビや結露対策としては、
    加湿器を一日中つけっ放しにするのはやめて、
    こまめに機械内部やタンク内を完全に乾燥させる。

    また、換気の際は窓を開けるだけでなく、
    扇風機やトイレ・台所・洗面所等の換気扇等をまわすことで空気の流れを強制的につくり、
    特に部屋の下部にたまった湿気をとばして、
    良く換気をすることが有効ではないかと思います。

  • Re: ご質問に対する回答

    加藤

    > 加藤さん、こんにちは。

    尾白さま、詳しく教えていただき有難うございました。
    > ■タイマーについて
    > タイマーはありません。
    > ただ、水が無くなると自動的に止まるので、
    > 8時間分の水量から逆算して、止めたい時間分の水を入れれば、
    > すごく大雑把ですがある程度タイマーの替わりになると思いますよ。

    目から鱗です。そうですね。タンクの水の次第でタイマー変わりになりますね!

    > ■タンク内の洗浄について
    > タンクの口の直径は約3cmと狭いので、
    > 普通のスポンジで洗うのは無理だと思います。
    > (やったことはありませんが、ピンブラシなら可能かも)
    >
    > ただ、中身は水道水なので、私は普段の手入れは水洗いのみです。
    > 個人的にはタンク内の洗浄に限らず、
    > まめに洗って「完全に乾かす」ことの方が、大切ではないかと思っています。
    >
    > また、こちらのページもご参考になるのではないでしょうか。
    > ・口の狭い瓶の洗い方
    > http://www.live-science.com/honkan/qanda/kitchen04.html
    >
    >
    > ■蒸気槽の洗浄について
    > 本体内部の水(蒸気)が通過する場所(蒸気槽)は、
    > ひねりながら引っ張っると取り外せます。
    > やや口が狭いのですが、外せば普通のスポンジで洗えます。
    > 蒸気が発生する場所は、機械内部なので洗浄できないと思います。
    >
    >
    > ■吹き出し口の洗浄について
    > 多分、吹き出し口とおっしゃっているのは、
    > 蒸気槽のことだと思います。
    >
    > 蒸気槽は高さ15cm位のプラスチックで、
    > この上部(6?×8cmくらいのかまぼこ形になってます)に
    > アロマカップをひっかける仕組みになってます。
    >
    > 蒸気槽はひねりながら引っ張れば取り外せるので問題なく洗えます。

    以前の物が(かなり旧式でしたが)水道水を使用していた為にカルキ?
    のようなものがタンク内や内部の洗えない管に付着してたんです。
    それで、その辺が気になっていました。
    洗えない部分があるなら精製水を使ってみょうかな。

    > ■アロマカップのエタノール消毒について
    > すみません。エタノール洗浄をしても傷まない素材かどうか、
    > 私の知識では分からなのでお答えできません。
    > 石鹸などで洗う分には、特に問題なく洗えると思います。

    実際、カップの精油の匂いは石けんで洗って落ちますか?

    また、精油って薄めないで直接カップに入れるんですよね?
    ガラスのような材質じゃないと精油で容器が溶けないかとそれも心配していたんです。
    万が一、変形した時に代えの部品もかえるのか問い合わせてみょうかとも考えていました。
    商品名にもあるようにせっかくですから精油は入れたいし(*^ ^*)

    > ■蒸気の向きについて
    > 蒸気の向きは上方向のみで変えられません。
    > でも、天井にまで届くような勢いはありません。
    > なんだかしょぼしょぼとした感じの柔らかい蒸気です。

    適用面積から子供部屋、夫婦の寝室用に2つ買い求めようと考えていたので
    逆にしょぼしょぼならローテーブルの上にも乗せれそうでよかったです。

  • 【お詫びと訂正】週1・2回必要な手入れ

    尾白

    発言?13794「【お詫び】週1・2回必要な手入れ」について、
    私が「発熱部」に関し勘違いしたため誤っていた部分を
    訂正いたしました。
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    こんにちは。尾白です。
    まず、フィルターが不要なスチーム式アロマ加湿器について、
    毎日の手入れの簡単さを強調しすぎたことをお詫びします。

    フィルターがカビないようにこまめに乾かす手間に比べれば、
    個人的にはかなり楽だと思うのですが、
    週1・2回の割合で必要なお手入れがあるのです。
    (※鉱物成分は水の硬度によって発生頻度が異なります)

    長文になりますが、
    まずこの手入れ方法について、取り扱い説明書に基づき
    なるべく詳しくご説明いたします。

    ■毎日最低限必要なお手入れ
    タンクの水を新しい「水道水」に入れ替える。

    ※説明書には「水道水」を使うと書いてあるので、
    浄水器を通した水や、精製水は使わない方がいいと思います。
    どうしても使いたい場合は、
    まずメーカーに問い合わせることをお薦めします。

    ■週1・2回必要な手入れの目的
    目的は、発熱部(円と三角形を組み合わせた灰色の部品)と
    本体内部に鉱物成分がたまることを防ぎ、
    水タンク内と本体内部の水アカや微生物発生を防ぐためです。

    ■週1・2回必要なお手入れの手順
    1、電源を切り本体を冷やす
    2、カバーと水タンクをはずし、本体に残った水を捨てる。
    3、蒸気槽(アロマカップを引っ掛ける半透明のプラスチック)を
      ひねって機械本体から取り外す。
      
      ここで「発熱部のカバー」(四角い口のついた白いプラスチック)も機械本体から取り外します。

      ※取り扱い説明書に従うと蒸気槽は濡れ布巾で拭きますが、
      熱湯を使わなければ石鹸で蒸気槽を洗っても大丈夫だと思います。 

    4、水タンク内に「水125ml」と「酢少々」を入れ、
      タンクのふたをしめて機械本体にセットする。
      
    5、機械の「電源を入れずに」そのまま20分〜30分置く。
      ※絶対に機械を作動させてはいけません!
      ※この時、発熱部のカバーは、はずしたままです。

    6、水タンクをはずして、タンク内の酢水を捨てよくすすぐ。
      
      本体に残った酢水も捨て、
      発熱部(灰色の部品)に少量の水を流してすすぎます。
      ※水をすすぐ前に鉱物成分が浮いているか確認して下さい。

    7、発熱部(灰色の部品)に鉱物成分が残っている時は、
      発熱部の周りに少量の水(ぬるま湯)を入れ、
      柔らかい歯ブラシと綿棒などを組み合わせ、
      鉱物成分をこすり落とします。
      
      (※水タンク内に水があるのに蒸気の出が悪いときも、
      7、と同じ手入れを行います)

    8、水タンクの中に、「約2リットルの水(ぬるま湯)」と
      「漂白剤ティースプーン半分」を入れ、タンク内を消毒します。
      (※この時タンクは機械にセットしません)
      途中で何回かタンクをゆすってまんべんなく消毒し、
      20分たったら消毒液を捨て、タンク内をよくすすぎます。

    9、発熱部カバーと蒸気槽を本体に取り付け、お手入れ終了です。

  • アロマカップについて

    尾白

    加藤さん、皆様こんにちは。尾白です。

    まず、面倒なフィルターの手入れから解放された嬉しさのあまり、
    スチーム式の手入れの簡単さを強調しすぎたことをお詫びします。
    お手入れの詳細については、
    「【お詫び】週1・2回必要なお手入れ」をご参照下さい。

    ここでは加藤さんがお尋ねのアロマカップについて、
    分かる範囲でお答えしますね。

    > 実際、カップの精油の匂いは石けんで洗って落ちますか?

    石鹸で洗ってもほんのりとした香りは少し残ると思います。
    でも最初からカップは2つついてくるので、使い分けが可能です。

    > また、精油って薄めないで直接カップに入れるんですよね?

    精油はアロマカップの容量の半分未満になるように直接入れます。
    でも、朝起きると、蒸気が水滴になってカップ内に落ちて
    精油が少し薄まっていますので、
    ずっと直接精油がカップに触れている状態ではありません。

    ちなみに今計ってみたら、カップ半分の容量は、
    ほぼ2.5ml(計量スプーン小さじ半分)でした。
    もちろん精油を小さじ半分も入れるなんて、
    もったいないことをする必要はありません(笑)。

    > ガラスのような材質じゃないと精油で容器が溶けないかとそれも心配していたんです。

    アロマカップの素材名が取り扱い説明書にないので、
    ご心配な場合はメーカーに問い合わせることをお薦めします。

    開発事前に十分予測がつくことだと思いますので、
    多分大丈夫だと思うのですが。。。
    なお、カップは硬くてわりと厚みのあるプラスチックです。

    > 万が一、変形した時に代えの部品もかえるのか問い合わせてみょうかとも考えていました。

    アロマカップは、はじめから2つついてきます。

    なので、カップの外側に油性マジックで印をつけ(カップは本体に内蔵されるので印は気にならないと思います)、
    残り香が気になるようでしたら、香りの系統で使い分けられると良いと思いますよ。

    > 適用面積から子供部屋、夫婦の寝室用に2つ買い求めようと考えていたので
    > 逆にしょぼしょぼならローテーブルの上にも乗せれそうでよかったです。

    十分ローテーブルの上に置けると思います。
    でもコードをひっかけて、ひっくり返さないようご注意下さいね。

    スチーム式アロマ加湿器は軽量で持ち運びが簡単なので、
    まず1つ買ってみて、持ち運んで使ってみてはいかがでしょうか。

  • 【訂正】発熱部洗えました!

    尾白

    こんにちは。尾白です。
    すみませんが自己レスを訂正致します。

    加藤さんの「ご質問に対する回答」で、
    蒸気が発生する場所は機械内部で洗えないと思います。と
    発言しましたが、発熱部は直接洗えました!

    はじめに思っていた以上にシンプルな構造で、
    細部までお手入れしやすい製品です。

    私は、発熱部とは、蒸気が出る四角い口のついた白いプラスチック部分のことを指すものだと勘違いした上に、
    更にこの部分は外れないものだと二重に勘違いしていたのですが、
    今、週1回の酢水手入れをしてたら、蒸気槽と一緒にぱこっと外れました!

    よくよく取り扱い説明書の4頁を見直したところ、
    発熱部のイラストは、まさしく灰色の部品(円と三角形が組み合わさったような形をしてます)の形をしており、
    完全に私の勘違いでした。どうも申し訳ございません。

    この四角い口のついた白いプラスチック部分は、
    直接蒸気が発生する発熱部(灰色の部品)のカバーのようです。

    たぶん、発生した蒸気を白いカバーの四角の口で絞り、
    更に15cmくらいの高さの半透明の蒸気槽を通すことで、
    本体カバー吹き出し口から出る蒸気の温度を下げ、
    安全面に配慮しているのではないかと思います。

    問題の鉱物成分は、発熱部(灰色の部品)周辺にほわほわ浮いており、
    ちょっと手が入りにくいのですが、
    柔らかい歯ブラシと綿棒を組み合わせて、
    発熱部を少量のぬるま湯にひたしながらこすっただけで、
    かなりきれいに掃除できました。

    (※本体を石鹸や洗剤などで洗うのは禁止されています。
    もし、発熱部を石鹸で洗ってみたい場合は自己責任でお願いします)

  • 本当に本当に有難うございました!

    加藤

    尾白さま
    わざわざ、説明書の文章まで教えてくださって本当に有難うございましたm(__)m
    初めはクエン酸を使うか精製水を使うか?などとあれころ考えていましたが、週1、2回のお手入れでお酢を使うことで、心配していた水道水のカルキなどの除去ができそうですね!

    また、本当に詳しい説明をして頂き、かなり細部までお手入れしやすい製品だと(分かりました)伝わってきました。
    本当に実際お手元にある方の生の声を聞けて嬉しく思っています(感謝)

    >問題の鉱物成分は、発熱部(灰色の部品)周辺にほわほわ浮いており、
    >ちょっと手が入りにくいのですが、
    >柔らかい歯ブラシと綿棒を組み合わせて、
    >発熱部を少量のぬるま湯にひたしながらこすっただけで、
    >かなりきれいに掃除できました。

    精油の成分の付着などのお掃除も分かり、本当によかったです。
    この辺は実際に購入し、その状態を確かめながらお掃除を工夫してみょうとも考えています。

    もう、何度も書きますが本当にお手数をおかけしてすいませんでした。
    そして有難うございました。
    アドバイスを参考に1つ購入し、色々と分解して(笑)そして、2つ目と購入してみます。

  • 精油成分の付着について

    尾白

    尾白です。
    こちらこそ、最初に発熱部が洗えないなんて間違った情報を書き込んでしまってすみません。
    発熱部のカバーが外れた時はほんとにびっくりして、
    (自分が間違った情報を伝えたことに)慌ててしまいました。

    さて、加藤さんの書き込みで一点だけ気になったのですが、

    > 精油の成分の付着などのお掃除も分かり、本当によかったです。

    とありますが、発熱部(水を熱する灰色の部品)や本体内部に
    精油の成分が付着することはまずないと思います。

    発熱部(灰色の部品)や水タンクが触れる本体内部につく鉱物成分は、
    主に水道水の硬度成分から出来るものです。

    かと言って水道水ではなく、
    浄水器を通した水や精製水を使いたい場合は、
    ある程度のリスクを自己責任で負う必要があります。
    浄水器を通した水や精製水は塩素を除去してあるため
    水道水より雑菌が繁殖しやすい環境にあるのです。

    本体内部は、少量の水がいつも残っている状態です。
    (水タンクと発熱部カバーを外して、残った水分をふき取れば
    もちろん本体内部を完全に乾かせますが)

    蒸気を発生させる際に、
    熱せられてほとんどの雑菌は死ぬと思いますが、
    より安全に使ってもらうために
    メーカーは「水道水」の使用を推奨しているのだと思います。

    あと、水タンクの中に精油は絶対入れちゃダメですよ〜。
    これやるとかなりの確率で機械が壊れると思います。

    精油の成分が付着するのは、アロマカップの中だけです。
    石鹸で洗えばほとんど取れると思いますが、
    アロマカップは、長時間60度程度の蒸気で熱せられることもあり、
    どうしても香りが若干残ります。

    また、蒸気の温度が低いためだと思うのですが、
    アロマの香りは強く立ち上るのではなくほのかに長時間続く感じです。

  • 何度も恐縮ですm(__)m

    加藤

    > こちらこそ、最初に発熱部が洗えないなんて間違った情報を書き込んでしまってすみません。
    > 発熱部のカバーが外れた時はほんとにびっくりして、
    > (自分が間違った情報を伝えたことに)慌ててしまいました。

    何度も本当に有難うございます。
    そして尾白さま〜謝らないでくださいm(__)m
    私が細かい質問をした為に 尾白さまにお手間を取らしてしまった結果なのですから(真)
    逆に慌てさせてしまって申し訳ないぐらいですし

    > さて、加藤さんの書き込みで一点だけ気になったのですが、
    >
    > > 精油の成分の付着などのお掃除も分かり、本当によかったです。
    >
    > とありますが、発熱部(水を熱する灰色の部品)や本体内部に
    > 精油の成分が付着することはまずないと思います。
    >
    > あと、水タンクの中に精油は絶対入れちゃダメですよ〜。
    > これやるとかなりの確率で機械が壊れると思います。
    >
    > 精油の成分が付着するのは、アロマカップの中だけです。
    > 石鹸で洗えばほとんど取れると思いますが、
    > アロマカップは、長時間60度程度の蒸気で熱せられることもあり、
    > どうしても香りが若干残ります。

    どうも、実際に商品がないので商品写真が載っているサイトと照らし合わせての把握でしたので
    アロマカップの大きさがよく分からなく、以下の御説明からカップの大きさの検討がついたんです。
    そして

    >>精油はアロマカップの容量の半分未満になるように直接入れます。
    >>でも、朝起きると、蒸気が水滴になってカップ内に落ちて
    >>精油が少し薄まっていますので、
    >>ずっと直接精油がカップに触れている状態ではありません。
    >>ちなみに今計ってみたら、カップ半分の容量は、
    >>ほぼ2.5ml(計量スプーン小さじ半分)でした。
    >>もちろん精油を小さじ半分も入れるなんて、
    >>もったいないことをする必要はありません(笑)。

    私の認識ではアロマカップの中にのみ精油を入れ、下から吹き出てくる高温の蒸気で
    精油が温められ、吹き出部分から蒸気と一緒に香が立ち上がると把握していたんです。
    そして、御説明にあったようにカップ内に蒸気の水滴が入り水量が多くなるみたいなので
    多少、アロマカップから溢れちゃう可能性もある?と思いました。
    それで、カップ下のお掃除は・・・と思ったんですが、カップしたの名前を
    私が勝手に間違えて読み取り、レスを返してしまったみたいです。すいません。
    溢れているかいないかは購入し、実際にカップしたの筒やタンクの匂いを嗅いでみれば
    分かるかと勝手に思っていたんです。

  • よーく考えてみたら

    尾白

    尾白です。

    > 私が細かい質問をした為に 尾白さまにお手間を取らしてしまった結果なのですから(真)
    > 逆に慌てさせてしまって申し訳ないぐらいですし

    いえいえ。ほんとに加藤さんの質問のおかげで、
    週1・2回の酢水手入れをやり直してみて、
    発熱部のカバーが外れることと、あわせて発熱部に関する自分の勘違いに気がつけました。
    こちらこそありがとうございました。

    通常の週1ペースの手入れで鉱物成分を落とすのは簡単ですが、
    カバーが外れないものだと勘違いしたままだったら、
    発熱部に水アカやら鉱物成分がどんどん蓄積されて
    落とすのに苦労したかもしれません。

    > 私の認識ではアロマカップの中にのみ精油を入れ、下から吹き出てくる高温の蒸気で
    > 精油が温められ、吹き出部分から蒸気と一緒に香が立ち上がると把握していたんです。
    > そして、御説明にあったようにカップ内に蒸気の水滴が入り水量が多くなるみたいなので
    > 多少、アロマカップから溢れちゃう可能性もある?と思いました。

    精油をカップの半分まで入れることは考えにくいですが、
    もし、半分まで入れたとしても、観察するところ、
    蒸気の水滴でカップから精油が溢れることはないと思います。

    でも、今よくよく考えてみたら、精油の成分が溶け込んだ蒸気は、
    本体カバー吹出口(一番外側)にもつくので、自動オフした後、
    精油の成分が溶け込んだ水滴がカバー吹出口から落ちて、
    蒸気槽を伝い、ごく小量の精油成分が本体に入り込む可能性はあるかもしれません。(※あくまで私の想像です)

    ただ、もし精油成分を含んだ水滴が本体に入っても、
    発熱部のカバー(実物がないと分かりにくいと思いますが、
    アロマカップを引っ掛ける蒸気槽の下にある、
    蒸気を絞る四角い口がついた白いプラスチック部品です)の部分でたぶんその水滴は止まると思います。

    2003年11月02日
    親投稿前の投稿次の投稿
  • 石けん百貨石けん百貨

    石鹸、セスキ炭酸ソーダ、重曹など石鹸生活に必要な商品が揃うオンラインショップ

  • 石鹸百科石鹸百科

    石鹸の基礎知識から使い方まで、石鹸生活の総合情報サイト

  • 読んで美に効く基礎知識読んで美に効く基礎知識

    スキンケア・ヘアケアや化粧品の知識と日々のお手入れに役立つテクニックなどをご紹介

  • ニセ科学と石けんの諸問題ニセ科学と石けんの諸問題

    石鹸生活の中で出会うことの多いニセ科学の問題点を、客観的、科学的、合理的な観点から検証する情報サイト

石けん百貨株式会社