石鹸百科
検索
OLD TOPIC
Topic title

血液の汚れ

みか

初めて投稿させて頂きます。
時間がたった血液の汚れってどうすればとれますか?
百貨に「大根のおろしたのをくるんだガーゼでたたくと酵素の力で落ちる」とあったのですが、
これは

1 水洗い
2 炭酸塩につけて
3 洗剤で洗って
4 (それでも取れてなければ) 酸素系漂白剤をして
5 ( 同上        ) 大根おろしをぬる

であってますか?
味付けで調味料の入れ方に順番があるような感じで
順番を間違えると落ちないような気がして不安です。
例えば1→4→3→2と言う順番だと
落ちるものも落ちなかったりとか・・・
ご意見よろしくお願いいたします。

旧石けん楽会のこのトピックを見る
2003年11月03日
0人の方がこのトピックをお気に入りに入れています
お気に入りに登録

Comment list

  • Re: 血液の汚れ

    尾白

    みかさん、こんにちは。尾白と申します。
    みかさんのおっしゃる順番で特に間違ってないと思いますよ。
    酵素系漂白剤は、
    必ず石鹸などで汚れを落とした後に使う必要があるので、
    ここだけ間違わなければ大丈夫だと思います。

    時間がたった血液の汚れですが、
    布ナプキンについた終わりかけの生理の経血が似たような感じで、
    わりと落としにくいです。

    私の場合は、
    1、まず水でざっと流す
    (ごしごし洗うと布が傷むので、握って経血を絞る感じです)

    2、セスキ炭酸ソーダを溶かした水に漬け込む
    (炭酸塩も持ってますが、炭酸塩は手肌に刺激が強いとのことなので、
    もっぱら扱いの簡単なセスキを愛用してます。)

    3、石鹸で洗う。
    ここでいきなり洗濯機に入れてもいいのですが、
    落ちにくい終わりかけの経血の場合は、
    まず、経血部分を洗濯ブラシでたたき洗いをした後、
    洗濯板でざっと簡単に洗った方がきれいになるようです。

    特に、ウィムーンのように防水布が内蔵されているタイプは、
    防水布が浮き替わりになり、洗濯機の中でぷかぷか浮いて、
    意外と汚れが落としきれないことが多いです。

    かと言って、布をすり合わせる手洗いだと結構布傷みします。
    洗濯ブラシや洗濯板を使う方が布傷みが少なくてお薦めですよ。

    4、これでも落ちなかった場合、
    私はもう一度新しいセスキ溶液に一晩位漬け込みます。

    これで不思議ときれいに落ちることが多く、
    まだ煮洗いや酵素系漂白剤で洗うまで困ったことはありません。
    (困ったらぜひ大根おろし方式も試してみたいです)

    アルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ)
    http://www.live-science.co.jp/store/php/shop/s_show_abc-CH003.html

    洗濯板
    http : //www.rakuten.co.jp/live-science/431993/486107/480279/

    洗濯ブラシ
    http://www.live-science.co.jp/store/php/shop/s_show_abc-KT006.html

    2003年11月03日
    親投稿前の投稿次の投稿
  • 大根してみました。

    みか

    ありがとうございます。
    洗濯板、洗濯ブラシよさそうですね。
    やはり洗濯機に入れる前に手洗いしておいたほうが無難なのですね。
    実は・・・先程、炭酸塩につけた血液汚れを洗濯機で洗ったあと、
    酸素系漂白剤で洗って・・・
    それでも時間のたっているせいか完全には落ちていない汚れもあって・・・
    その後、大根おろしを付けてみましたが、取れませんでした〜
    漂白剤に付けた後では駄目なのでしょうかね・・・
    (漂白剤によって反応がおきて汚れの種類が変わってしまうとか。)

     >4、これでも落ちなかった場合、
     >私はもう一度新しいセスキ溶液に一晩位漬け込みます。
    尾白さんはここで酸素系漂白剤に手を出さず、アルカリ剤に浸け込むそうですが、効果はありますか!???
    (すいません。手洗いまでされているので取れない気がして・・・)
    今回の汚れは、最初にアルカリ剤を浸けてはしぼり、浸けてはしぼりして最終的には1晩浸け込んだのですが、こういう場合は尾白さんのように洗濯後にアルカリ剤に浸け込んでも意味ないですよね・・。

    科学が嫌いだったのが今跳ね返ってる気分です。
    ありがとうございました。

  • Re: 大根してみました。

    尾白

    尾白です。

    > 洗濯板、洗濯ブラシよさそうですね。

    買ったのはわりと最近なのですが、思ってた以上に便利ですよ。
    最初、布ナプキンの数枚のために、
    洗濯機で石鹸洗濯するのが面倒くさくて洗濯ブラシを買ったのがきっかけです。

    洗濯板は少ない力で強力に汚れが落ちますし、
    広範囲の汚れや洗う枚数が多い時にも威力を発揮します。

    洗濯ブラシは、ブラジャーのワイヤーなどのカーブ面や、
    ワイシャツやブラウスなどの袖口、襟首などの汚れをピンポイントに狙って的確に落とせます。
    また、洗濯板より力の加減がしやすいのも利点だと思います。
    ただ、洗う枚数が多い時や、広い範囲の汚れにいちいちブラシをかけるのは、ちょっとめんどくさいです。

    > やはり洗濯機に入れる前に手洗いしておいたほうが無難なのですね。

    私の場合ですと、洗濯板と洗濯ブラシを使って石鹸手洗いした後、
    更に洗濯機で石鹸洗濯はしないです。

    ただ、洗濯板などを使って石鹸手洗いをした後、お湯でざっと石鹸分をゆすいで、
    洗濯機でセスキ洗い物をまわした際に
    洗い終了後の脱水から一緒に入れ、一回水すすぎと脱水を一緒にやって終了することはよくあります。

    手で絞るより、脱水機にかけた方が繊維がふわっと立つため、
    乾かした後、布地が柔らかく仕上がるそうなんです。

    > 実は・・・先程、炭酸塩につけた血液汚れを洗濯機で洗ったあと、
    > 酸素系漂白剤で洗って・・・
    > それでも時間のたっているせいか完全には落ちていない汚れもあって・・・
    > その後、大根おろしを付けてみましたが、取れませんでした〜
    > 漂白剤に付けた後では駄目なのでしょうかね・・・
    > (漂白剤によって反応がおきて汚れの種類が変わってしまうとか。)

    ごめんなさい。私も反応うんぬんとかはさっぱり分かりません〜。

    >  >4、これでも落ちなかった場合、
    >  >私はもう一度新しいセスキ溶液に一晩位漬け込みます。
    > 尾白さんはここで酸素系漂白剤に手を出さず、アルカリ剤に浸け込むそうですが、効果はありますか!???
    > (すいません。手洗いまでされているので取れない気がして・・・)

    洗濯板まで使って汚れが落としきれないことはめったにないのですが、
    外出先で携帯用セスキ溶液を忘れた時とか、
    持ち帰ってからセスキ溶液に漬けるまでうっかりしてて
    時間がたってしまった場合なんかに落ちないことが多いです。

    石鹸洗濯後の再度セスキ溶液漬け込み、
    これ不思議と私には効果があるんですよ。
    コツと言っても、
    漬け込み容器をきれいに洗って、新しくセスキ溶液を作って、
    最大一日くらい漬け込む位です。

    セスキは洗面所に常備してあるので、
    実は酵素系漂白剤を持ってくるのが面倒だっただけなのですが(笑)。

    > 今回の汚れは、最初にアルカリ剤を浸けてはしぼり、浸けてはしぼりして最終的には1晩浸け込んだのですが、こういう場合は尾白さんのように洗濯後にアルカリ剤に浸け込んでも意味ないですよね・・。

    最初に水で経血を絞って流しておけば、
    アルカリ剤に漬けっぱなしで大丈夫ですよ。

    洗うまで間がある時(まずいまずいと思いつつ、
    最大二日ためたことあります 笑)は、
    アルカリ剤を途中で何回か新しく替えて漬け込むといいですよ。

    石鹸洗濯後のアルカリ剤漬け込み、
    私の場合は意外と効果があるのでよろしければお試し下さい。

  • 煮洗いはいかがでしょうか

    尾白

    尾白です。

    セスキ再漬け込みで駄目な場合、
    もし丈夫な綿地とかなら煮洗いはいかがでしょうか。
    私はまだやったことがないのですが、
    過去ログを読むと素晴らしい威力だそうです。

    あと、ひょっとして、酵素系漂白剤を使われた時、
    お湯の温度が低かったとか、漬け置き時間が短くて、
    漂白剤の効果が発揮しれなかったこともありうるかなぁと思いました。その点はいかがでしょうか?

    過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)の使い方
    http://www.live-science.com/honkan/partner/percarbonate.html

    煮洗いの方法
    http://www.live-science.com/honkan/jissen/niarai.html

  • Re: 煮洗いはいかがでしょうか

    じゃじゃ

    こんにちは!
    穴無しでお世話になっておりますじゃじゃです。
    横から失礼いたします。

    私の失敗談を一言・・・
    以前こちらで相談したことがあったのですが
    私は煮洗いするタイミングを間違えてしまい
    布ナプの血液成分(たんぱく質?)が残っている状態で
    煮洗いをしてしまったために、布地の中で成分が凝固してしまったらしく
    結局黒ずみはとれずじまいになってしまったことがあります。
    その布ナプは今でもうっすら黒ずみが残ったまま使用していますが
    だんだん薄くなってきたのか気にならなくなってきました(^^;

    それからはなるべく煮洗い行きにならないように
    セスキの付け置き時間を気にするようにしています。

  • 煮洗いは最終手段

    尾白

    じゃじゃさん、こんにちは。

    > 布ナプの血液成分(たんぱく質?)が残っている状態で
    > 煮洗いをしてしまったために、布地の中で成分が凝固してしまったらしく
    > 結局黒ずみはとれずじまいになってしまったことがあります。

    そういえば血液汚れは、
    たんぱく質が固まるから熱い湯は使っちゃいけないんでしたね。

    冷水で洗うより、すごくゆるいお湯で洗う方が汚れ落ちがいいようなので、
    個人的にゆるま湯洗いはよくやりますが、
    それ以前の基本大原則を忘れてました〜(汗)。

    慌ててワード検索メニューで、キーワードを「煮洗い 血液」で過去ログ12を検索したら、
    じゃじゃさんとゲドさんのやりとりがヒットしました。
    フォロー頂きほんとにありがとうございました。m(__)m

    2003年11月04日
    親投稿前の投稿次の投稿

洗濯・衣類の手入れ

Trendy Keyword

洗濯・衣類の手入れ
注目のキーワード

石鹸百科の通販サイト石けん百貨

洗濯・衣類の手入れに関連した取り扱い商品
  • 石けん百貨石けん百貨

    石鹸、セスキ炭酸ソーダ、重曹など石鹸生活に必要な商品が揃うオンラインショップ

  • 石鹸百科石鹸百科

    石鹸の基礎知識から使い方まで、石鹸生活の総合情報サイト

  • 読んで美に効く基礎知識読んで美に効く基礎知識

    スキンケア・ヘアケアや化粧品の知識と日々のお手入れに役立つテクニックなどをご紹介

  • ニセ科学と石けんの諸問題ニセ科学と石けんの諸問題

    石鹸生活の中で出会うことの多いニセ科学の問題点を、客観的、科学的、合理的な観点から検証する情報サイト

石けん百貨株式会社