石鹸百科
検索
OLD TOPIC
Topic title

冬の洗濯とフケで悩んでいます。

かいな

初めまして、かいなと申します。
質問がありまして書き込みしました。

わたくし、北海道に住んでおりますので、これからの季節に「水温20℃保って洗濯してね」というのは厳しい状態になります。ガス代がすごいことになるので、お湯を使った洗濯は難しいのです。
液体せっけんにしようと思っていましたが、経済的なことと肌があまり強くないのでやっぱり粉せっけんがいいかなと思ったのですが、水温のことを考えると悩んでしまいます。
どなたか、冷たい北海道の水でもよく溶けて汚れ落ちがいいせっけんを知っていたら教えていただけないでしょうか?

また、フケでも悩んでいます。今はせっけんシャンプーを使っているのですがやっぱり止まらないです。ここの掲示板に「こんぶとふのりがいい」という書き込みがありましたけど、あれはフケにも効くのでしょうか?御存じの方がいたら、教えて下さい。
参考までに、わたくし顔は乾燥肌ですが、頭皮は結構脂っぽいです。
よろしくお願いします。

旧石けん楽会のこのトピックを見る
2003年11月07日
0人の方がこのトピックをお気に入りに入れています
お気に入りに登録

Comment list

  • こんぶとふのりについて

    おそら

    かいなさん こんにちは。

    洗濯時の水温の件についてはゲドさんがお書きのように
    お風呂の残り湯をお使いになることをおすすめします。

    もしお使いになっている洗濯機にお湯取り機能がついていなくても
    お風呂のポンプはホームセンターなどで数千円で売っていますので
    ご利用になられてはいかがでしょうか。
    私も洗いとすすぎ1回目は残り湯での洗濯を心がけています。

    あと フケにお悩みで、「こんぶとふのり」にご興味をお持ちとのこと。
    私はこんぶとふのりを1年以上愛用している大ファンです。

    頭皮が脂性とのこと、フケは脂漏性皮膚炎のような状態で出ているので
    しょうか。

    フケには頭皮が乾燥しすぎて出る乾性のフケと、皮脂がたくさん出てそれが
    微生物によって分解されて出来た遊離脂肪酸の刺激によって(頭皮の)皮膚の
    ターンオーバーが亢進して出る脂性のフケがあるようです。
    かいなさんの場合、そのどちらに当るかが分かりませんので、まずは
    専門医にご相談されるのが良いように思います。

    ご興味をお持ちの「こんぶとふのり」はフケなどの頭皮に対する効果というよりも、痛みがちな髪をサラサラ滑らかにしたり、くせ毛をスタイリングしやすい素直な髪にしていくアイテムなのですが、こちらの掲示板で 合成でも石けんでも今まで何を使っても敏感肌による頭皮の痒みがあった方が こんぶとふのりでの洗髪に切り替えたことで痒みが改善された方が中にはおられました。

    ですから頭皮が乾燥しすぎて、あるいはかなりの敏感肌でどんな石けんも
    使えないような場合に、お湯のみではすっきり洗えないのでこんぶとふのりで洗髪するというようなケースはあるかと思います。

    以上、少しでもご参考になればよいのですが。

    2003年11月10日
    親投稿前の投稿次の投稿
  • 水温20℃は必要

    ゲド

    はじめまして、かいなさん。
    ゲドと申します。

    > わたくし、北海道に住んでおりますので、これからの季節に「水温20℃保って洗濯してね」というのは厳しい状態になります。ガス代がすごいことになるので、お湯を使った洗濯は難しいのです。

    私も北海道生まれですので、冬の寒さの厳しい状態は想像がつきます。
    (夜銭湯からの帰り道、家に着くまでの間に浴用タオルが凍りました(笑)。)
    かいなさんのお宅では、お風呂の残り湯は利用できますか?
    必ずしもお湯である必要はなく、20℃以上であれば問題ありませんので是非お使い下さい。

    > 液体せっけんにしようと思っていましたが、経済的なことと肌があまり強くないのでやっぱり粉せっけんがいいかなと思ったのですが、水温のことを考えると悩んでしまいます。

    液体石けんでもある程度の水温が必要であることは、粉石けんと同じです。
    粉のように目に見える溶け残りはありませんが、十分に溶けて洗浄力を発揮させるためには、だいたい20℃以上の水温が望ましいです。
    おっしゃるように経済的な面や、洗浄力の面から見ても、私は粉石けんをおすすめしたいですよ。

    > どなたか、冷たい北海道の水でもよく溶けて汚れ落ちがいいせっけんを知っていたら教えていただけないでしょうか?

    石けん百科本館の「達人洗濯講座」はご覧になられていますか?
    比較的低温(20℃)でも溶けやすい粉石けんの説明などもありますので、まだでしたらご一読をおすすめします。
    http://www.live-science.com/honkan/wash/020sekken.html

    また、水温を上げるために薬缶のお湯をさし湯するなど、皆さんも色々と工夫されているようです。
    ワード検索で過去ログも読んでみてくださいね。

  • Re: 水温20℃は必要

    さっち

    かいなさん、ゲドさん、こんにちは。
    私も北海道民ですので、少しでもお役に立てればと思い投稿させていただきました。
    ゲドさんが既にアドバイスされていますが、それにちょっとつけたしさせていただきますね。(ゲドさん、すいません)

    > かいなさんのお宅では、お風呂の残り湯は利用できますか?
    > 必ずしもお湯である必要はなく、20℃以上であれば問題ありませんので是非お使い下さい。

    これからの時期、ふたをしただけでは残り湯も翌朝にはかなり冷めてしまって、
    20度を保つのが大変かもしれません。
    我が家では、ふたの他に保温シートを使っています。
    保温シートを使うだけで、翌朝もちょっとぬるいなぁと感じるくらいの温度を保てますよ。
    あとは、(残り湯を使えるなら)思い切って入浴後に洗濯してみてはどうでしょうか。
    夜間の加湿もかねて、我が家ではよくやっています。
    ちょっと洗濯物が鬱陶しいですが、加湿具合は結構良いですよ。

    2003年11月10日
    親投稿前の投稿次の投稿

洗濯・衣類の手入れ

Trendy Keyword

洗濯・衣類の手入れ
注目のキーワード

石鹸百科の通販サイト石けん百貨

洗濯・衣類の手入れに関連した取り扱い商品
  • 石けん百貨石けん百貨

    石鹸、セスキ炭酸ソーダ、重曹など石鹸生活に必要な商品が揃うオンラインショップ

  • 石鹸百科石鹸百科

    石鹸の基礎知識から使い方まで、石鹸生活の総合情報サイト

  • 読んで美に効く基礎知識読んで美に効く基礎知識

    スキンケア・ヘアケアや化粧品の知識と日々のお手入れに役立つテクニックなどをご紹介

  • ニセ科学と石けんの諸問題ニセ科学と石けんの諸問題

    石鹸生活の中で出会うことの多いニセ科学の問題点を、客観的、科学的、合理的な観点から検証する情報サイト

石けん百貨株式会社