石鹸百科
検索
OLD TOPIC
Topic title

酸素漂白剤はいっぱいあるけれど

まなすけ

こんにちは

酸素系漂白剤ってお店に行くとたくさん売っているけれど、ハイターとかブライトとか、シャボン玉もありますよね。

なにか違うのですかね?どの酸素漂白剤がいいんですか?いままでシャボン玉の漂白剤を使ってましたが、全然効き目がないんです。
温水で、表示の量で使っていてもお湯が多少ヌルヌルするだけで漂白されていないんですよ。

効き目のある漂白剤は?教えてください

旧石けん楽会のこのトピックを見る
2003年12月01日
0人の方がこのトピックをお気に入りに入れています
お気に入りに登録

Comment list

  • Re: 酸素漂白剤はいっぱいあるけれど

    びし

    こんにちわ^^。

    まなすけさんは、どのくらいの時間漬け置いてますか?
    酸素系漂白剤の効き具合には、湯温もですけど時間もかなり影響するので、
    放置時間を長めにとることできれいになる場合もありますよ〜。

    たんぱく汚れにはあまり高温のお湯を使いたくないので、わたしの場合、
    40℃前後のお湯で一晩以上漬けて置くようにしてます。

    2003年12月05日
    親投稿前の投稿次の投稿
  • Re^2: 酸素漂白剤はいっぱいあるけれど

    まなすけ

    こんにちは。
    私は2.3時間です。つけおきが足りなかったのかな?

    先日、娘が紅茶を頭からかぶって、イライラしながらシャツを漂白したら、何を血走ったか塩素漂白剤で漂白してしまい、色柄まですっきり!トホホでした。

    40度を一晩維持するのですか?

  • Re^3: 酸素漂白剤はいっぱいあるけれど

    びし

    どうもです^^。


    > 私は2.3時間です。つけおきが足りなかったのかな?

    短時間でとれる場合もありますし、短時間ではダメでも長時間置けば
    とれる場合もある、というように感じます。

    > 40度を一晩維持するのですか?

    わたしは最初だけ 40 ℃程度にして、その後はそのまま放置です。
    保温した方が漂白効率は良さそうですが、ちょっと大変ですよね。
    冬は、なるべく温度の下がらない場所においた方がいいかも知れませんね^^。

  • Re: 酸素漂白剤はいっぱいあるけれど

    ゲド

    こんにちは、ゲドと申します。

    確かに色々な酸素系漂白剤がありますよね。
    ハイターやブライトですが、成分を見てみると合成界面活性剤が入っているのがわかります。
    シャボン玉や石けん百貨で取り扱われているものは、すべて過炭酸ナトリウム100%(過酸化水素と炭酸塩)のものです。
    ということで、合成界面活性剤不使用のもの、ということでお探しでしたらば、こちらです。

    > 温水で、表示の量で使っていてもお湯が多少ヌルヌルするだけで漂白されていないんですよ。

    どんなものを、どんな手順で漂白しているのかおしえて頂けますか?
    石けん百科の本館に、酸素系漂白剤の使い方がありますが、まだご覧になられていない場合は、ご参考にどうぞ。
    http://www.live-science.com/honkan/partner/percarbonate.html

  • 漂白

    まなすけ

    こんにちは。よろしくお願いします

    娘の(1歳)上着で食べこぼしやよだれに遊んだ汚れの付いた服を台所用の洗い桶に漂白剤をお湯で溶かしてつけ置いています

    リンクを読みましたが、ウチはもっと効き目を期待してか、2リットルくらいのお湯に大さじ4.5杯くらいザザザーっと入れて溶かしています。

    シャボン玉を使っているのはどこにでも売ってるからで、特にシャボン玉愛用者って訳ではありません。

    上着は綿のシャツで、乾いたまま浸します。下洗いとかはしていません。
    たんぱく汚れはある程度諦めなければならないのかな?

  • お洗濯してから

    ゲド

    こんにちは、まなすけさん。
    ちょっとお返事が遅くなってしまいました。

    > リンクを読みましたが、ウチはもっと効き目を期待してか、2リットルくらいのお湯に大さじ4.5杯くらいザザザーっと入れて溶かしています。

    > 上着は綿のシャツで、乾いたまま浸します。下洗いとかはしていません。
    > たんぱく汚れはある程度諦めなければならないのかな?

    リンクにもありました通り、漂白剤を使うのはお洗濯してもシミが残った場合などです。
    汚れがひどいものは、あらかじめ石けんを擦り付けたり部分洗いした後、他のものと一緒にお洗濯し、
    それでも残ったシミを漂白するのが効果的だと思います。

  • Re: 漂白

    aya

    こんにちはayaです。

    私も手に入りやすさからシャボン玉漂白剤の愛用者です。我が家は汚し屋さんの小さい子がもう居ないのですが主に汗で黄ばんだ物・蓄積されてきたしみとかお茶のシミとかなので、まなすけさんの参考になるかわからないのですが、色落ちの気にならない綿の物は煮洗いします。
    その後は冷めるまでそのまま置いておきます。これはびっくりするぐらい綺麗になります。色柄物・化繊のものは結構難しいものがあります、お風呂のお湯ぐらいの温度だとなかなか落ちないように思います、私は50度ぐらいのお湯で色落ちを気にしながらやるのですが、そこの所は自己責任でお願いしたいと思います。

  • Re^2: 漂白

    まなすけ

    ありがとうございます。煮るくらいの高温でないとダメなんですね。
    1人目の子供なので結構高い服が多くて、おさがりに使わないともったいないので、きれいにして取っておきたいのです。

    ありがとうございました

    2003年12月04日
    親投稿前の投稿次の投稿
  • 石けん百貨石けん百貨

    石鹸、セスキ炭酸ソーダ、重曹など石鹸生活に必要な商品が揃うオンラインショップ

  • 石鹸百科石鹸百科

    石鹸の基礎知識から使い方まで、石鹸生活の総合情報サイト

  • 読んで美に効く基礎知識読んで美に効く基礎知識

    スキンケア・ヘアケアや化粧品の知識と日々のお手入れに役立つテクニックなどをご紹介

  • ニセ科学と石けんの諸問題ニセ科学と石けんの諸問題

    石鹸生活の中で出会うことの多いニセ科学の問題点を、客観的、科学的、合理的な観点から検証する情報サイト

石けん百貨株式会社