石鹸百科
検索
OLD TOPIC
Topic title

アルカリ洗浄は環境にやさしい?

みちゃん

はじめまして。
最近石鹸生活を始めたました。
重曹や酢での掃除も初めています。

洗濯の際に、石鹸を使う回数を減らし、アルカリ洗浄で・・・というのを聞き、重曹&炭酸ソーダ&酢リンスでの洗濯も始めてみました。

そこで、ふと思ったのですが、
石鹸を使うより、アルカリ洗浄の方がすすぎの回数が減り、水を節約する事は分かったのですが、環境に対してはどのようにいいのでしょうか?
石鹸も合成洗剤よりは自然分解がいいとは思いますが、使いすぎは汚染の元になるとは思います。
重曹、炭酸ソーダ、セスキなどは自然の物なので、汚染にはならないのでしょうか?
それともやはり使いすぎは何か影響があるのでしょうか?

それと、炭酸ソーダは手が荒れるほどのアルカリですが、中華麺やこんにゃくの凝固に使われている・・・ということですが、口に入っても大丈夫な物なのでしょうか?

無知ですみません。
どうぞよろしくお願いします。

旧石けん楽会のこのトピックを見る
2005年11月28日
0人の方がこのトピックをお気に入りに入れています
お気に入りに登録

Comment list

  • あっているかわかりませんけど

    こん

    あくまで私の個人的な理解、という視点でお読みくださいね。

    石鹸は通常は100%生分解される点でも、魚毒性という点においても、
    合成洗剤より遥かに環境に優しい、というのは事実だと思います。
    分解というと、最終的に水と炭酸ガスに変ることを指すと思いますが、
    有機物の分解と無機物の分解では、分解の仕方に違いがあります。

    石鹸の原料は油=有機物です。
    無菌状態で放置して勝手に分解する物ではなく、一定の時間をかけて生分解される物です。
    生分解というのは、あくまで微生物が介在して初めて成立する物ですから、
    すごく大量に排出すれば、微生物が活発に活動することで水の溶存酸素が減少し、
    魚や貝などの水中生物の生存の危機となる可能性が、全くない訳ではありません。
    まあ、こういったことは通常はありえないのですが、大量の排水が浄化されずに、
    直接狭い沼に流れるような、極めて悪い条件下では起こり得ることです。
    要するに、生分解されるから安心とばかりに、石鹸をじゃんじゃん使うのは、
    食べカスやら廃油やらを排水に流すのと同様、水質に対して少なからず負荷をかけることです。
    (それが合成洗剤なら、なお更負荷が大きいことになりますよね)

    これに対して、重曹・セスキ・炭酸ソーダは無機物ですから、
    微生物の介在なしに速やかに自己分解します。
    しかも、通常の使用条件下で、家庭から川や海のPHが上昇する程の、
    高濃度のアルカリ剤が排出されることは、ちょっと考えられません。
    ということで、どちらがより環境にやさしいかというと、後者だと思います。

    ですから、石鹸を使う時は十分に泡立つ量を使ってしっかり洗う。
    軽い汚れの時はアルカリ洗濯と、メリハリを付けることが大切だと思います。

    炭酸ソーダは食品添加物として認可されている物ですから、
    食品に通常含有される程度の物は健康上、何ら悪影響がありません。
    でも、炭酸ソーダの粉末その物を直に食したら、
    そりゃ口や内臓がただれるような危険があるでしょうね。
    それは、酢酸の濃度が5%のお酢を食べても大丈夫なのに、
    酢酸の原粉末を直に口に入れると、口がただれるのと同じことです。
    要は濃度の問題ですよ。

    2005年11月28日
    親投稿前の投稿次の投稿
  • Re: あっているかわかりませんけど

    みちゃん

    こん 様
    分かりやすいご説明ありがとうございます。

    とてもためになりました。

    2005年11月28日
    親投稿前の投稿次の投稿
  • 石けん百貨石けん百貨

    石鹸、セスキ炭酸ソーダ、重曹など石鹸生活に必要な商品が揃うオンラインショップ

  • 石鹸百科石鹸百科

    石鹸の基礎知識から使い方まで、石鹸生活の総合情報サイト

  • 読んで美に効く基礎知識読んで美に効く基礎知識

    スキンケア・ヘアケアや化粧品の知識と日々のお手入れに役立つテクニックなどをご紹介

  • ニセ科学と石けんの諸問題ニセ科学と石けんの諸問題

    石鹸生活の中で出会うことの多いニセ科学の問題点を、客観的、科学的、合理的な観点から検証する情報サイト

石けん百貨株式会社