石鹸百科
検索
OLD TOPIC
Topic title

やっぱり匂いが気になります

ゆたか

こんにちわ。
今度は、過去ログも読み返し、あわあわも実践し、すすぎも繰り返しました。
仕上げに、クエン酸も入れてみました。
でも、やっぱり、油臭かったり、糠臭かったり、着られません。休み明けだというのに、朝から着るものを探してしまいました。
せっけん自体の匂いは、消せないんでしょうか。
洗いの時と、最後のすすぎの時に、ニトムズのデオラフレッシュという、柔軟剤の匂いも消す、消臭剤も使ったのですが。
ダメなんですよね。
今日は、洗い直しです。

旧石けん楽会のこのトピックを見る
2008年09月16日
1人の方がこのトピックをお気に入りに入れています
お気に入りに登録

Comment list

  • Re: やっぱり匂いが気になります

    ゆたかさん。
    先ず、あなたの洗濯の方法、細かく教えてください。

    セスキでニオイが取れないって事から始まっていますよね。

    まず、石けんに切り替えてからどれぐらいですか?

    お使いの石けんは何ですか?

    洗濯機はどのようなものをお使いですか?

    洗濯物の量と水の量、石けんの量(重さ)

    洗濯に使う水は水道水ですか?それとも残り湯?温度は?

    溶かし込みは何分ぐらい?

    最後まであわ立っている?

    すすぎの回数と使う水、水道水だけ?残り湯で1回水道水で1回?溜めすすぎ、それとも注水すすぎ?

    そのほかできるだけ細かく情報を書いていただけると、アドバイスのヒントが得られるんですよ。

    ニオイが気になる、どうしたらいい?
    これだけでは、においの原因が見つかりにくいのよね。

    2008年09月16日
    親投稿前の投稿次の投稿
  • Re: やっぱり匂いが気になります

    ゆたか

    杏さん、お返事ありがとうございました。
    中途半端でした。すみません。

    石けんを使い始めたのは、ここ一週間くらいのことです。
    洗濯機は全自動ですが、まかせっきりと言うのは、元々やっていません。洗いだけ、2回やってから、すすぐとか。つけおきするとか。2層式を長く使っていたせいか、全自動って洗いが足りない気が抜けないんです。
    洗いの時の水の温度は、40度。お風呂の残り湯ではなく、給湯器から。溶かし込みは12分です。せっけんといっしょに、炭酸ソーダを入れていました。
    使ってみたせっけんは、エスケーの液体のうるおいと、まるは油脂化学の洗濯用粉せっけん(ハーブオイル配合)、ハイネリーの液体マルセル、もう一種類あったのですが、袋を捨てたので忘れました。せっけん百貨の通販で、どれも見た事がない商品ばかりだったので、いろいろ試してみようと、最小パックを数種類買いました。ですので、水量は、それぞれ、パックに書いてある通りであわだて、洗濯ものは泡が消えないのを確認しながら、少しずつ入れていきました。
    洗いは、12分を2回か、3回。泡は、洗濯機が回っている間はあります。つまり、途中何分か、止まっている時間があります。その時は少ないか、ないこともありました。
    すすぎは注水で、3回。最初の1回が40度です。昨日は、更に2回。まるは油脂化学の粉せっけんでした。仕上がりは、やっぱり臭いがきつくて、消臭効果のあるデオラフレッシュを足してみたりしました。でも、効きませんでした。せっけん臭かったです。

    そう言えば、前に、酸っぱくなった洗濯物の事を書きましたが、時間がある時に洗い直そうと、圧縮袋に入れて放置しておいたら、数日後には無臭になっていました。これもわかりません。
    偶然でもいい。今、洗い直し待ちにしてある衣類も、なんとかなって欲しい。そんな気持ちです。

    杏さんも、ほかの皆さんも、言葉足らずで、ほんとにすみませんでした。ここのところ、洗濯に困っていたものですから。

  • Re: やっぱり匂いが気になります

    ひなた

    ゆたかさん、こんにちは。ひなたです。

    > 石けんを使い始めたのは、ここ一週間くらいのことです。

    杏さんが仰るように、衣類や洗濯槽に蓄積している合成洗剤の残留物や、
    これまでの洗濯で落とし切れずに溜まり続けていた汚れに石けん分が消費されて
    新たな汚れを落とすところまで手が回らないのかも知れないです。

    >せっけんといっしょに、炭酸ソーダを入れていました。

    すでに炭酸塩が30〜40%くらい入っている石けんなら、炭酸塩の追加は要らないと思います。

    > 使ってみたせっけんは、エスケーの液体のうるおいと、まるは油脂化学の洗濯用粉せっけん(ハーブオイル配合)、ハイネリーの液体マルセル、もう一種類あったのですが、袋を捨てたので忘れました。せっけん百貨の通販で、どれも見た事がない商品ばかりだったので、いろいろ試してみようと、最小パックを数種類買いました。ですので、水量は、それぞれ、パックに書いてある通りであわだて、洗濯ものは泡が消えないのを確認しながら、少しずつ入れていきました。

    合成の界面活性剤からの切り替え時には、石けんは「標準使用量」の3倍くらい
    必要なときもあるので、もう少し思い切って使ってみたらどうかな、と思います。
    洗濯の方法自体はそんなに悪くないと思います。むしろかなり丁寧だと感じます。

    アルカリ(セスキや炭酸塩)洗濯を巧く組み合わせると楽ですよ。
    石けんの溶かし込みについては、06年7月の過去ログを「粉石けんの溶かし方」という
    キーワードでワード検索すると参考になるツリーが出てきます。

    試された製品のうち、気に入ったものを一つか二つ決めて、それを基準にして
    自分流の使い方を探っていくとコツが掴みやすいと思います。
    一口に粉石けんと言っても人によってかなり使い勝手が違うようなので。

    > 消臭効果のあるデオラフレッシュを足してみたりしました。でも、効きませんでした。せっけん臭かったです。

    もしも石けんカスや粉石けんの溶け残り、皮脂汚れなどが衣類に残留して
    それが酸化して臭っているのなら、柔軟剤の消臭成分では太刀打ちできないと思います。

  • Re: やっぱり匂いが気になります

    ゆたか


    お二人ともありがとうございました。
    もう少し使い込んでみます。

    が、ついてしまったせっけんの匂い。
    なんとかしなくては着られません。で、超電水クリーンシュ!シュ!というのを、たっぷりスプレーして乾かしました。ほぼ消えたと思います。これは電解アルカリ水100%で、phは12.5。やっぱり、汚れが落ちていなかったと言うことでしょうか。

    他に、無水エタノールをスーパーの袋に入れ、薬品の匂いが消えない程度に(適当に)希釈し、せっけん臭くなった洗濯物を入れ、袋の外から軽くモミモミ。箱に残っていた合成洗剤で洗い直しました。合成洗剤は、洗濯機への残留物もしつこいとのことでしたので、コインランドリーに行きました。これもほぼ、せっけんの匂い取れました。
    そして、ふりだしに戻りました。
    甘い匂いが残るのです。それがいやで、洗剤を探したり、洗濯の仕方を工夫したりしています。
    私の洗濯物は、合成洗剤の時は、百合の花のような匂いに洗剤の匂いを混ぜたような感じで、自分でもウッとくる甘さです。スーパーなどで簡単に手に入るものは、いろいろ試したのですが、同じでした。
    時々出てくる「煮洗い」は試した事がありませんが、洗いから濯ぎまで、高温で洗濯した事もあります。ビジネスホテルのコインランドリーで、お湯の温度を自分で変えられる所がありましたので。その時も、やはり甘く残りました。
    せっけんで洗濯は、汚れを落とし、余計な香料を残さないのに、第一に惹かれたのでした。成功まで遠くても、多少なりとも実感したい...です。

  • Re: やっぱり匂いが気になります

    ひなた

    こんにちは。ひなたです。
    なかなかガンコなにおいのようで、大変ですね。

    > が、ついてしまったせっけんの匂い。
    > なんとかしなくては着られません。で、超電水クリーンシュ!シュ!というのを、たっぷりスプレーして乾かしました。ほぼ消えたと思います。これは電解アルカリ水100%で、phは12.5。やっぱり、汚れが落ちていなかったと言うことでしょうか。

    ニオイが出るのは、原因となる物質があるからです。
    その原因物質がそのままでも臭い、あるいは変質して臭くなる、
    その原因物質をエサにして細菌やカビなどが繁殖してその代謝物が臭う、
    ということです。そして一旦強烈な臭いが繊維に染みつくと、
    普通なら「合格」の洗濯法では落ちてくれないので特別な洗い方が必要になる。
    それが
     
      最後のすすぎまで40℃以上で行う高温洗濯
      高温での酸素系漂白
      煮洗い

    などではないかと思います。
    臭いだけをいくら消してもその発生源を繊維から取り去らない限り
    少し時間が経てば元通りになってしまいます。が、それは逆に言うと
    原因物質が繊維からなくなればもう臭わないということなので、

     1.においがガマンできないなら、取り敢えず臭い消しの対処療法をする
     2.高温洗濯と漂白をしっかり行って根本的な解決(徹底的に汚れを落とす)を図る
        
    のが良いかな、と思います。高温洗濯でも、石けんが溶けていなかったり
    石けん量が洗濯物に対して少なかったりすると思ったほど効き目が
    実感できないかも知れませんし、臭いの原因物質が本当にガンコだったりすると
    正しい高温洗濯でも何回か続けて行う必要があるかも知れません。

    以前、ひだまりさんという方が相談された「においの対策」というツリーにも
    色々と参考になりそうな意見がありますよ。他にも色々と似たような話題がありますから
    「全てのログ」を色んなキーワードでワード検索してみるといいですよ。

    > 他に、無水エタノールをスーパーの袋に入れ、薬品の匂いが消えない程度に(適当に)希釈し、せっけん臭くなった洗濯物を入れ、袋の外から軽くモミモミ。

    洗濯前の汚れ物をエタノール消毒するのは色んな意味で無駄が多いと思います。
    例え洗濯前に完璧な滅菌ができたとしても洗濯槽には雑菌がうようよしていますし
    (不特定多数の人が使うコインランドリーなら尚更でしょう)
    消毒用アルコールはこういった用途で沢山使うと高くつきますし。
    普通の漂白剤で充分だと思います。

    あと、無水エタノールは濃度によって殺菌力が相当変わります。
    使うときには目分量ではなくてきちんと計ったほうが良いと思いますよ。
    大体60〜90%くらいの濃度だと強い殺菌力が出るそうです。

    参照:http://cosme-science.jp/column/1000skin/1010x03.html#note01

  • Re: やっぱり匂いが気になります

    ゆたか

    さっそくアドバイスがいただけてうれしいです。ありがとうございます。

    においの対策を読み実践してみました。
    高温で酸素系漂白剤のつけ置きを一晩。効きました。甘い匂いが残りませんでした。
    今までも高温でつけ置きだったのですが、たぶん1時間弱位。入れていたのは消臭剤か、合成洗剤でした。
    えっ、これだけ? て気分は否めませんが、衣類がこれから厚くなっていきますし、乾きにくくもなります。ほっとしました。時間があるときに、嫌になって圧縮袋に詰めて置いた衣類や寝具も洗い直してみたいです。
    煮洗いは、興味があったので、大きい鍋を買い、試してみます。

    感謝です。
                                        ゆたか

  • Re: やっぱり匂いが気になります

    もっと詳しい方からのお返事があるとは思いますが、石けんに切り替えて1週間、との事ですので、合成洗剤分が洗濯機にも衣類にも残っている為、石けんの力は発揮できないのかもしれないですね。

    洗濯機の掃除はなさいましたか?
    もし、まだなら、酸素系漂白剤を使ってお掃除してみることをお勧めします。
    やり方は『石けん百科』のコンテンツにも、ここの過去ログにもありますよ。

    それから、泡立ちが少ないことから、石けん不足もあるような気がします。
    石けんの量を増やして、洗濯がおわtるまで泡が消えないようにして洗濯してみてください。

    それから、衣類に残留している合成洗剤って、結構頑固なんですよ。

  • Re: やっぱり匂いが気になります

    あもる

    こんにちは。
    エコ洗濯2年生のあもると申します。
    まだまだ勉強中の身ではありますが、カキコさせていただきます。
    エコ洗濯を始めてからしばらく、私も洗濯物のにおいに悩まされ続けてきました。
    ドラム式の洗濯機を使用しているため、石鹸洗濯は向かないと思い、当初は石鹸以外のEM系洗浄液を使っていました。
    完全に乾けば問題ないのですが、ひとたび着用すると、汗や湿気などで
    酸っぱい感じのにおいや雑巾のようなにおい、脇の下の体臭が、そこはかとなく匂ってしまうのです。重曹系の洗剤に変えてもあまり状態が変わらず、
    しまいには夫の母からも臭いを指摘され、万事休す。合成洗剤へ戻るか…と追い込まれました。

    ある時、ミクシィのコミュでの書き込みで救われました。
    私の場合、原因が二つありました。

    1)油脂汚れは酸性のためアルカリ剤で落ちるが、アンモニア臭はアルカリ性のため、酸性のもので中和させるしかない

    2)近年のドラム式は節水式で、すすぎの水量が少ないため、充分にすすげていない可能性あり。水量を増やすか、標準よりすすぎの回数を多くする

    すすぎを標準3回→4回へ、それとクエン酸リンスを試みてみたところ、一回で異臭が劇的に改善されました(涙)。

    どちらも目からウロコでした。
    エコ洗剤のパッケージには、どれもすすぎが一回で済む、と書いてあるものばかりだったし(それでも2回はすすいでいました)
    私はせっけんを使用していなかったので、リン酢も自分のケースには関係ないと思っていたからです。

    それからは、汚れのひどいものだけに使用していたセスキ炭酸ソーダで洗濯+クエン酸リンス→現在セスキと液体せっけんを併用+クエン酸リンスでニコニコ生活です。
    私の場合、液体せっけんも併用した方が、石鹸独特のほんわかした香りがかすかに残るので気に入っています。

    気をつけていることは、
    1)セスキを入れすぎると洗濯物がゴワつくので入れすぎないこと(私の場合は45L程度に小さじ1.5程度)
    2)すすぎを念入りに行う
    3)洗濯液のアルカリを中和させる量のクエン酸を入れること…です。

    ゆたかさんもクエン酸を試してみられたということですが、いちど、量を増やす事をされてみてはいかがでしょうか。
    ご相談内容を読んでいると、酸っぱいにおいの他、石鹸由来の油脂のにおいが気になられている様ですので、また別の対策が必要なのかもしれませんが。
    回答がお役に立てなかったら申し訳ありません。

    2008年09月21日
    親投稿前の投稿次の投稿

洗濯・衣類の手入れ

Trendy Keyword

洗濯・衣類の手入れ
注目のキーワード

石鹸百科の通販サイト石けん百貨

洗濯・衣類の手入れに関連した取り扱い商品
  • 石けん百貨石けん百貨

    石鹸、セスキ炭酸ソーダ、重曹など石鹸生活に必要な商品が揃うオンラインショップ

  • 石鹸百科石鹸百科

    石鹸の基礎知識から使い方まで、石鹸生活の総合情報サイト

  • 読んで美に効く基礎知識読んで美に効く基礎知識

    スキンケア・ヘアケアや化粧品の知識と日々のお手入れに役立つテクニックなどをご紹介

  • ニセ科学と石けんの諸問題ニセ科学と石けんの諸問題

    石鹸生活の中で出会うことの多いニセ科学の問題点を、客観的、科学的、合理的な観点から検証する情報サイト

石けん百貨株式会社