石鹸百科
検索
OLD TOPIC
Topic title

髪は重曹で溶ける?

みよ

皆さんこんにちは。
今まで石鹸で髪の毛を洗っていたのですが、
重曹で皮脂等、肌の汚れが取れると聞いて
試しに髪の毛・・といいますか頭皮を洗ってみました。
重曹だと頭皮はスッキリし、髪の毛もパサパサしないような気がしました。

そこで、「重曹 シャンプー」とインターネットで検索したところ
ちょっと気になるものが引っかかりまして・・・

http://www.chemistryquestion.com/situmon/shitumon_kurashi_kagaku10_NaHCO3.html
上記のページで、ある人が重曹でシャンプーすることについて
聞いているのですが、その答えが下記の文面です。

『さて、レンジの油やこびりつき等の硬い汚れを溶かすために使われているものが髪に有用かのお尋ねですが、毛髪タンパク質はデリケートです。そもそも髪の汚れはレンジの汚れと異なり、予洗(お湯洗い)で90%の汚れが除去され、僅かに残った汚れをシャンプーによって洗い落とす程度なのですから、何もそこまで拘り(こだわり)を延長しなくても、と言うのが私の意見です。
純石鹸を使われるような方なら、あまりコンディションを気にされないと思います。重曹シャンプーが出来るとすれば、それらクラスとの比較商品となるでしょう。 (また、私が関係しないところの商品に重曹を使ったドライシャンプーならある、と言うことを付け加えさせて頂きます。 )』

湯洗いで90%もの汚れが落ちるとの事ですから、お湯だけで洗ってみましたがサッパリしません。それと、もし本当に90%もの汚れが落ちるなら何故シャンプーしなければいけないのでしょうか?また上の文面からは、髪のタンパク質はシャンプーよりも重曹での洗髪の方が痛むとの解釈が見受けられる様な気がしたのですが、私だけでしょうか?

そもそもこの方は、純石鹸での洗髪を「コンディションを気にしない人がすること」と位置づけているようですが・・・。

長くなってしまいましたが、髪のタンパク質が重曹(PH8.2)で痛むならば、アルカリ度が高い温泉などに毎日浸かっていたらどうなるのでしょうか?日本で一番アルカリ度が高い温泉は長野県生津温泉(PH11.35)だそうですが・・・ここに毎日通っている方(旅館で働いている方など)は髪がボロボロになってしまうのでしょうか?

旧石けん楽会のこのトピックを見る
2003年10月12日
0人の方がこのトピックをお気に入りに入れています
お気に入りに登録

Comment list

  • Re: 髪は重曹で溶ける?

    おそら

    皆さん こんにちは。

    > http://www.chemistryquestion.com/situmon/shitumon_kurashi_kagaku10_NaHCO3.html
    > 上記のページで、ある人が重曹でシャンプーすることについて
    > 聞いているのですが、その答えが下記の文面です。

    ご紹介のHPを見て参りましたが まず ご回答をされた業者さんは全国の美容室相手にご商売をなさっている方だということに注目すべきだと思います。
    ほとんど合成のシャンプーやトリートメント剤を使っている美容室が この回答者の方のお客様なのですから、立場上、重曹での洗髪を肯定するようなことは言えませんよね。

    > 『さて、レンジの油やこびりつき等の硬い汚れを溶かすために使われているものが髪に有用かのお尋ねですが、毛髪タンパク質はデリケートです。そもそも髪の汚れはレンジの汚れと異なり、予洗(お湯洗い)で90%の汚れが除去され、僅かに残った汚れをシャンプーによって洗い落とす程度なのですから、何もそこまで拘り(こだわり)を延長しなくても、と言うのが私の意見です。
    > 純石鹸を使われるような方なら、あまりコンディションを気にされないと思います。重曹シャンプーが出来るとすれば、それらクラスとの比較商品となるでしょう。 (また、私が関係しないところの商品に重曹を使ったドライシャンプーならある、と言うことを付け加えさせて頂きます。 )』

    予洗いで90%の汚れが除去される・・・とは あくまでも髪だけの汚れの話だと私は思いますが。
    みよさんご自身が体験されたように、お湯洗いだけではどうもすっきりしませんよね。 それはお湯洗いだけでは頭皮の汚れが落ちきれていないからです。

    頭皮は皮脂の分泌量が多く、顔のTゾーンなんかよりもはるかに多くの皮脂が出ているし、細菌の数も顔よりはるかに多いです。私もそうですがほとんどの皆さんは 洗髪時に髪を洗うことよりも頭皮を洗うことに時間をかけておられるのではないでしょうか。

    > 長くなってしまいましたが、髪のタンパク質が重曹(PH8.2)で痛むならば、アルカリ度が高い温泉などに毎日浸かっていたらどうなるのでしょうか?日本で一番アルカリ度が高い温泉は長野県生津温泉(PH11.35)だそうですが・・・ここに毎日通っている方(旅館で働いている方など)は髪がボロボロになってしまうのでしょうか?

    髪が溶けるには少なくともpH12以上が必要ですから、重曹溶液程度で髪のタンパクが溶けることはありません。
    よく考えてみて下さい。わたしたちの手や足などには髪の毛よりもずっと細くて弱い体毛が生えていますが、これが重曹を入れたお風呂や重曹泉に浸かっていて溶けたことがあるでしょうか。洗髪にかかる時間よりも通常長時間、重曹のお湯に浸かっているのですから、もしも重曹洗髪で髪の毛が溶けるのでしたら、細くて弱い体毛はもっと溶け易いはずですよね。

    また、重曹やセスキを入れたお風呂は アルカリによってお肌の古い角質を柔軟化してはがれやすくなる効果がありますが、お肌の場合はもともとお風呂に入らなくても、何もしなくてもターンオーバーによって古い角質が垢となってはがれてくるのに対し、髪にはターンオーバーなどありません。(物理的、化学的刺激によってキューティクルが痛んで剥がれてくることはありますが) 
    ですから重曹で肌の古い角質を柔軟化したりする作用があるからといって、それはケラチン蛋白が溶けているということではないんですよ。

    また、重曹が付着することによって髪の水分が奪われるなどということもありません。髪の水分量は環境によって変化しています。髪の水分が奪われて痛むということでしたら、ドライヤーをかけるほうが もっと髪の水分は奪われていますよね。

    私個人的には重曹洗髪をおすすめしているわけではありません。
    しかし みよさんが 重曹で洗髪されることが気に入っておられるのでしたら、(頭皮の汚れまでしっかり落ちているかどうかは別問題として)自己責任の範囲内で、やって頂いても ご心配のような髪の痛みは無いと思います。

    2003年10月15日
    親投稿前の投稿次の投稿
  • Re^2: 髪は重曹で溶ける?

    みよ

    おそらさん、ほあんさん初めまして。

    例のHPの回答者の方が美容業者の方だったので「専門的な答え」なのか「独断的な答え」なのかよくわからなかったのですが、髪の毛が溶けるのはPH12以上ということがわかって、安心しました。また、重曹が髪の毛に付着したからといって水分が奪われるということもないようなので、再度安心しました。(質問をした方もそのまま解釈していたらなんだか可哀想ですね・・・)

    ほあんさんやおそらさんの仰るとおり温泉の歴史や、自分自身が重曹風呂に浸かってみて体毛が抜けた、細くなったという事がないのですからあのHPの回答を鵜呑みにして不安に思った自分が恥ずかしいです。

    重曹はお風呂でしか使ったことがないので、ほあんさんから教えて頂いた『魔法の粉ベーキングソーダ(重曹)335の使い方』(飛鳥新社)という本を探してみたいと思います。(335通りもの使い方があるなんて驚きです!)

    重曹での洗髪は、もう少し繰り返してみてから調子を見てみようと思います。しかし、髪の毛が綺麗だと言っておきながら、せっけんでの洗髪だとわかると手のひらを返すなんて全く信じられない話ですね。

    おそらさん、ほあんさん、無知な私に丁寧に指導してくださって有難うございました。

  • Re: 髪は重曹で溶ける?

    ほあん

    みよさん こんにちは。

    みよさんの最後の質問の
    > 長くなってしまいましたが、髪のタンパク質が重曹(PH8.2)で痛む
    >ならば、アルカリ度が高い温泉などに毎日浸かっていたらどうなるの
    >でしょうか?
    については、これまでの長い歴史が回答を出している、といえないでしょうか?
    昔の人は、実際にお風呂に入ってよいか悪いかを決めてきたはずで、
    アルカリ度が高い温泉が髪(皮膚)に悪いのであれば、とっくに温泉として
    成り立たなくなっていると思います。
    それについて言及できるよいページを探していたのですが、ちょっと
    見つからなくて。。
    石鹸も重曹と同じくらい(あるいはそれ以上)アルカリ度があるわけで、
    それを使ってシャンプーしているのであれば、アルカリによる洗浄は
    問題にならない、ということです。

    もうひとつ、みよさんが言及されたページが表示できないので、引用部分しか読めず、
    趣旨を誤解しているかも知れませんが。。。。
    元の回答者は、重曹はスクラブ(あるいはクレンザー)のように、使うので、
    <レンジの油やこびりつき等の硬い汚れを溶かすために使われているもの>
    という趣旨は特にphのことを言っているのではないと読みました。
    ここからどうしてphのことに疑問が出たのかがよくわかりません。
    回答の他の場所でそういっているのであれば別ですが。

    みよさんもおっしゃっているように、この回答者は、石鹸洗髪=
    洗いあがりよくない=あまりお勧めしない というように読めるので、
    立場が違うんだなー位で読み飛ばしてよいのでは?

    ひとことおせっかいを書きますが、WEBの情報って誰でも書け、
    匿名性もあるため、それが本当に正しいかどうかという判断は本当に
    難しくなっていると思います。(だから質問されたということでしょうが)
    掲示板だけではなく、そのコンテンツ全体をみて、そこの運営者が
    何を言おうとしているのか、どういう趣旨のサイトなのかを
    よく読むことが大切ですよね。(自戒の意味も込めて)

  • 自己レスです。

    ほあん

    みよさん こんにちは。
    連休中は自宅からアクセスしていたのですが、その間、みよさんの
    示されたURLからはページ表示がされませんでした。職場でお昼休みに
    見てみると、ページが表示されたので読んでみました。

    このページは、その道の専門家が答えるという形式なのですね。

    やはり、phを問題にしているよりは、「重曹を髪を洗うことに使うなんて!」という論調に見えました。
    美容の専門家(いわゆる合成を使っている美容院)には、「重曹で髪を洗う」ことや
    「石鹸で髪を洗う」も含めて「トンデモ」なことではないでしょうか?

    たしか、この掲示板か赤星先生の掲示板で、美容院で髪を誉められたが、
    石鹸を使っているとわかったら、手のひらを返したように。。。。という
    ツリーがありました。

    ただ、重曹は髪を洗うために開発されたものではない(というか、もっと昔からある)
    ので、それの使い方をいろいろ見つけ出すのは、すべて自己責任の範疇ですよね。
    『魔法の粉ベーキングソーダ(重曹)335の使い方』(飛鳥新社)には、いろいろな使い方が載っていますよ。(ご存知かもしれませんが)

    *直接の質問の回答でなくてすみません。

    2003年10月14日
    親投稿前の投稿次の投稿

Trendy Keyword

石鹸シャンプー・ヘアケア
注目のキーワード

石鹸百科の通販サイト石けん百貨

石鹸シャンプー・ヘアケアに関連した取り扱い商品
  • 石けん百貨石けん百貨

    石鹸、セスキ炭酸ソーダ、重曹など石鹸生活に必要な商品が揃うオンラインショップ

  • 石鹸百科石鹸百科

    石鹸の基礎知識から使い方まで、石鹸生活の総合情報サイト

  • 読んで美に効く基礎知識読んで美に効く基礎知識

    スキンケア・ヘアケアや化粧品の知識と日々のお手入れに役立つテクニックなどをご紹介

  • ニセ科学と石けんの諸問題ニセ科学と石けんの諸問題

    石鹸生活の中で出会うことの多いニセ科学の問題点を、客観的、科学的、合理的な観点から検証する情報サイト

株式会社 生活と科学社