石鹸百科
検索
Topic title

経木

ひなた

みなさん、こんにちは。
キッチンアイテムの私のおすすめは、経木です。

以下の商品レビューにも書いたのですが、
http://www.live-science.co.jp/store/php/shop/s_show_abc-3-19-5-AB001.html)
使いかけの野菜や豆腐、余分のおひたしや総菜類を密閉容器で保管するときに
容器の底に1~2枚敷いておきます。
赤松の経木には殺菌作用がある、といわれるそうですが、
確かにこの経木を1枚敷いておくと食品の保ちが少し良くなっている気がします。

こういった用途に使うためには、経木はそのままでは大きすぎるので、
あらかじめ3分の1サイズに切っておき、ファスナー付きポリ袋に入れて保管します。

上記以外の使い方では、

・買った魚や肉を調理するまで経木を敷いた皿に置く
  余分な汁を吸収してくれる。臭みも減る……気がする。
  
・煮魚などの落としぶた代わりに
  何枚か組み合わせればサイズ調整ができる。
  アルミ箔より後かたづけが楽(アルミは別回収なので)。
  素材の形に添うのでよく煮汁が回る。
  
・小さく切ってお弁当のおかずの仕切りに
 
・詰め終えたお弁当の上にふわっとかぶせて蒸気を吸わせて蒸れを防止
  持ち帰ってきた弁当箱の中で結構湿っているのでかなり水気を吸っているのだと思う。

・お弁当のおかずを作って、熱々を冷ますために一旦皿に取るとき、
 その皿に敷いておく。経木が蒸気をうまく逃がしてくれるようで、
 下の方がべちゃべちゃにならない。
  
・水気を吸わせたくない料理を皿に盛るとき、下に敷いておく
  海苔巻きおにぎりもご飯の蒸気で海苔がべちゃべちゃにならない
  フライドポテトや唐揚げなども。

・煮込み鍋の本体とフタのすき間にかませておく
  分厚く折りたたんだ状態でかませると、すき間が大きく空くので吹きこぼれ防止に。
  あと、とろ火で煮込んでいるときにフタと本体との間に
  蒸気から戻った水分がたまることがあります。
  その水分が鍋内部で熱せられて膨張した空気の圧力に押されて細かい水滴となって
  ブブブブ……とフタのすき間から霧吹きのように飛び出て
  コンロまわりを汚すことが結構あったのですが、
  適当な大きさに裂いた経木を1枚かませておくとこれがあまり起きません。
  吹き出る水分を経木が吸ってしまうからかな、と思います。
  

これ以外でも、いろいろと面白い使い方があると思うので
ご存じの方、教えてくださいませ!

2010年11月07日
5人の方がこのトピックをお気に入りに入れています
お気に入りに登録

Comment list

[ このトピックへのコメント受け付けは終了しました ]
  • Re: 経木

    フルーツ

    みなさん、こんばんは!

    経木、私も最近よく使っています。

    といっても、もっぱらお弁当のおかずの仕切りがメインで、後は、唐揚げなどをお皿に盛る時にお皿に敷いています。
    なので、ひなたさんご紹介の使い方とほぼ同じですが、参加させてください。


    お弁当では仕切りやおかずの下に敷いて使っていますが、余分な水分や油分を吸い取ってくれるので、べちゃべちゃにならず、後片付けも楽です。

    また、逆に適度な水分も補ってくれるようで、玉子焼きなどはカラカラにならず、しっとりとして美味しいですよ。

    おにぎりは・・・
    経木が裂けたりして扱いにくく、挫折してしまいました。。
    忙しい朝はつい苛々!としてしまうんですよね・・・


    あと、ひなたさんの商品レビュー( http://www.live-science.co.jp/store/mt/review/AB001.php )を読んで、落し蓋も試してみましたが、アクが経木の表面についてアク取りにもなるんですね。これは良いと思いました。


    それにしてもとにかく長い経木・・・
    実は収納にちょっと困っていました。

    ※いつもは20枚ほどを取り出し、クルッと丸めて袋に入れて保存し、その都度使いやすい大きさにカットしています。

    が、ひなたさんの投稿を読んで目から鱗・・・
    予め使いやすいサイズにカットしておけばいいんですね!

    早速カットしてジップロックに入れました。
    明日からのお弁当作りがちょっと楽しみです。

    後、興味深かったのは、煮込み鍋のふきこぼれ防止。
    これはどこか一箇所に1枚かませておくだけでOKなのですか?
    それともお鍋のフチ全体にかませるのですか?

    吹き零れた煮汁にみりんやお砂糖が入っていると、後でふき取る時に厄介なので、是非試してみたいです。


    ・・・ということで、新しい使い方の紹介が出来ずに申し訳ないのですが、私も他に面白い使い方があれば知りたいので、ご存知の方、是非教えてください!

    2010年11月07日
    親投稿前の投稿次の投稿
  • Re: 経木

    ひなた

    フルーツさん、こんにちは! ひなたです。
    コメントありがとうございます。

    > 後、興味深かったのは、煮込み鍋のふきこぼれ防止。
    > これはどこか一箇所に1枚かませておくだけでOKなのですか?
    > それともお鍋のフチ全体にかませるのですか?

    一カ所だけでOKですよ。
    火の勢いが強めの時は、経木を適当に折りたたんで、
    とろ火で煮込むときは1枚だけペラッと挟みます。
    1/3にカット済みの経木を、さらに木目に沿って
    1/3くらいにピーッと適当に裂いて使います。

    とろ火での1枚かませ、最初は、鍋の縁全体にぐるりとかませていたのですが、
    別にそこまでしなくてもいいんじゃないか?(めんどくさいし)
    と思って試してみたらうまくいったので、それ以降は1枚だけです。

    うちはIHなので経木が燃える心配はないのですが、
    ガスをお使いの方は、その点ちょっと気をつける必要がありますね。

    > 吹き零れた煮汁にみりんやお砂糖が入っていると、後でふき取る時に厄介なので、

    あー……これは凹みますね、分かります。
    また、時間がないときほどこういうことが起こりやすいような気がするんですよね……。

  • Re: 経木

    sinosan

    ひなたさん、フルーツさん、おはようございます。

    私は今は廃業してしまったタイ焼き屋さんの
    大好きなタイ焼きが経木で包まれていたことが忘れられません。
    ふわっとしてしっとりして絶妙な湿り具合が良くて
    焼きたての熱々より家に持ち帰って少し覚めたくらいがおいしく感じました。

    これがプラスチックのパックだと、覚めた時結露でべショッとしてしまいおいしさ台無しです。
    タイ焼きだけでなくたこ焼きやアンマン、肉まんなんかも
    経木にくるんでチンしたり蒸したりしたらおいしそうですね。

    以上食いしん坊のsinosanはお二人の書き込みを見て思ったのでした。

    あと昔は対面式の個人商店で食品を買うと
    魚や肉を買うと経木でくるんで
    さらにそれを新聞紙でくるんでくれましたね。

    ただ懐かしいだけじゃなく、
    おいしさ維持に理にかなった方法だったんだなあと思いました。

    お役立ち情報というより、これじゃ昭和回顧録ですね(笑)

    お二人の書き込みを見て、
    暮らしの中に経木をうまく取り入れていきたいと
    改めて思いました。

  • Re: 経木

    sinosan

    昔といってもつい最近まで個人商店で対面式の店舗などを利用すると、いろんなものを経木と新聞紙でくるんで売ってくれましたね。

    今のトレイやパックは便利でコストも安いかもしれないけど
    何だか味気ない感じ。

    エコの流れで、また経木や新聞紙なんかの利用が増えたり、
    マイバックの持ち込みで、風呂敷が見直されたり、
    昔からの知恵だけど合理的な方法がもっと見直されたらいいなと思います。

    3級品でも十分実用的と百貨のレビューにもあったし、
    今度手に入れようという気まんまんです。

  • Re: 経木

    フルーツ

    フルーツです。
    ひなたさん、おはようございます。

    早速のお返事ありがとうございます。

    > 一カ所だけでOKですよ。
    > 火の勢いが強めの時は、経木を適当に折りたたんで、
    > とろ火で煮込むときは1枚だけペラッと挟みます。
    > 1/3にカット済みの経木を、さらに木目に沿って
    > 1/3くらいにピーッと適当に裂いて使います。

    実は昨晩お返事を知る前に試してました(^^)

    仰るとおり、鍋の淵全体は面倒臭そう・・・と
    まずは一箇所だけ噛ませてみたのですが、充分ですね!

    沸々とそこから噴出す水分も吸ってくれますし、これはいいです!

    > うちはIHなので経木が燃える心配はないのですが、

    これ、うちはガスなので気をつけてみてました。
    経木って結構張りがあるので、厚みを持たせると
    結構ピンとして、水蒸気を吸いだすとちょっと垂れてくる感じ。

    1/3カット済みの経木を端から2cm程をピーッと繊維に沿って裂いて(これ、ハサミ要らずで楽チン!)、
    縦に二つ折りにして、それを半分に折ったら8cmほどになって、
    お鍋からはみ出す部分は5㎝程かな?
    ※すみません、ちゃんと計ってなくって、ザックリです。

    厚みがあるとある程度垂れてくるのを防げるし、その分水分も
    吸い取ってくれるかも!と思いました。

    それでも、傍を離れる時は外した方が良いですね。

    また新しい使い方を得て、台所仕事が楽しくなりました(^^)
    ありがとうございました。

  • Re: 経木

    フルーツ

    sinosanさん、おはようございます。

    > 私は今は廃業してしまったタイ焼き屋さんの
    > 大好きなタイ焼きが経木で包まれていたことが忘れられません。

    うわっ!タイ焼き無性に食べたくなってきました~
    今でも、たこ焼きとかが船の形をした経木に入って出て来る時がありますよね。

    おみやげに持ち帰ってもベタベタになってなくって、適度にしっとりでいい感じ。
    経木の吸水性と通気性をうまく利用した、意味のある器なんですよね。


    > タイ焼きだけでなくたこ焼きやアンマン、肉まんなんかも
    > 経木にくるんでチンしたり蒸したりしたらおいしそうですね。


    百貨さんでも「蒸し料理に・・・」って紹介されてますよね~
    http://www.live-science.co.jp/store/php/shop/s_show_abc-AB001.html#grouptext02

    張りがある経木をあの写真のようにうまく納まりをつかせるのは
    結構難しいかも・・・と、試したときに思いました。

    説明文にもあるように、水分を含ませて経木同士をくっつかせるか、
    それとも経木の両端を食品を重石にして押さえ込むか・・・

    忙しい時には、食品の下に敷いたりするだけでも随分ちがいますよ。

    > 暮らしの中に経木をうまく取り入れていきたいと
    > 改めて思いました。

    経木に限らずですが、昔から使われてきたものにはちゃんとそれなりの
    意味があるんだなーって思うことが多いです。

    小学校の時に翌日の遠足用のウィンナーを近所の市場によく買いにいきましたが
    そういえば、それも経木にくるまれていました(^^)

    計り売りなので、その場で減らされるとがっかりしたり、ちょっと足されて
    やったー!って思ったりしてたなー。。

    今の生活の中に昔の人達の知恵をうまく取り入れて
    より快適な生活が送れると、なんだか得した気分になれます。

    経木の新しい発見があれば、是非教えて下さいね!

  • Re: 経木

    ぴゅあ

    私も百貨で取り扱いが始まって経木を買って子供のお弁当の仕切りに使ってみたのですが、子供(中高生)がおかずに木の味が付いておかずの味が変わると不評で使用を断念しました。
    お弁当の仕切りに使われている方はそういう感想は持たれませんでしたか?

  • 経木のにおい

    ひなた

    ぴゅあさん、こんにちは。
    百貨さんでお書きになったレビュー拝見しました。
    うちは、とくに経木の味やにおいについて苦情は出たことはないですね。
    でも、においというのは感じ方に個人差がありますから
    気になると思ったら気になってしまいますよね。

    もしもお弁当に使われるのなら、
    おかずに直接くっつかない「お弁当シート」的な使い方
    (詰め終えたお弁当にふわっと1枚かぶせてからフタをする。
    冷ましてもわずかに立ち上ってくる水蒸気などを吸わせる
    &多少の衛生効果も期待)でしたら
    移り香が気になりにくいのではないかな? と思いました。

  • Re: 経木

    ぴゅあ

    ひなたさん

    そうですよね。臭いの感じ方は個人差がありますよね。
    百貨の商品説明にも
    >ふんわりと広がる木の香りと~と書かれていますから、香りがつくのはしょうがないのでしょうね。

  • ギョウザ作りにも

    ひなた

    こんにちは。ひなたです。

    この間、餃子を作りました。これまでは、あんを包んでから焼くまでのあいだ、生の餃子を平たい皿にそのまま置いていました。でも、この状態で時間が経つと、皿にくっついている部分の皮があんの水分を吸ってフニャフニャになるんですね。そういう状態の餃子を取ろうとすると軟らかくなった皮が皿にくっついて破れてしまうことが度々ありました。

    それで、今回は経木を皿に敷いて、その上にあんを包んだ餃子を並べました。すると、時間が経ってもあまり底の皮がべたっとした感じになりません。皿にくっついて破れることもありませんでした。経木が余分の水分を逃してくれたんだと思います。この使い方も、おすすめです。

    2010年12月16日
    親投稿前の投稿次の投稿

Trendy Keyword

食器洗い・キッチン
注目のキーワード

石鹸百科の通販サイト石けん百貨

食器洗い・キッチンに関連した取り扱い商品
  • 石けん百貨石けん百貨

    石鹸、セスキ炭酸ソーダ、重曹など石鹸生活に必要な商品が揃うオンラインショップ

  • 石鹸百科石鹸百科

    石鹸の基礎知識から使い方まで、石鹸生活の総合情報サイト

  • 読んで美に効く基礎知識読んで美に効く基礎知識

    スキンケア・ヘアケアや化粧品の知識と日々のお手入れに役立つテクニックなどをご紹介

  • ニセ科学と石けんの諸問題ニセ科学と石けんの諸問題

    石鹸生活の中で出会うことの多いニセ科学の問題点を、客観的、科学的、合理的な観点から検証する情報サイト

石けん百貨株式会社