石鹸百科
検索
Topic title

パナソニックの縦型洗濯機レビュー

かず

最近、日立のビートウォッシュから、パナソニックの全自動洗濯機(縦型)に買い替えたところ、以前とは比べ物にならないくらいすさまじい石けんカスに悩まされるようになったため、レポートさせていただきます。

使っている石けんは、パルシステムの「やっぱり石けん!粉石けん」で、洗い&すすぎ1まで風呂水を使っています。風呂水がないときは、液体石けん(ナチュロン)+セスキ炭酸ソーダを適宜、という感じです。

「やっぱり石けん!」は炭酸塩入りの顆粒状で溶けやすいタイプのため、今までは、パルセーターの上にパラパラと粉石けんを振りまいて、その上に洗濯物を入れ、あとは洗濯機におまかせ洗濯(ためすすぎ2回)でも、石けんカスに悩まされることなく、洗えていました。日立の前はシャープの洗濯機を使っていましたが、そのときも同様でした。

ところが、パナソニックに買い替えた初日、まったく同じように洗濯したところ、濃い衣類には全面に白い粉が吹き、いったい何ごとかとびっくりしたのです。

洗濯機の取扱説明書を改めて丁寧に読み直し、「節水」モードを解除し、粉石けんはたっぷりのお湯でしっかり溶かしてから投入、すすぎは設定可能な最大(注水3回)にしてみたのですが、状況はほとんど改善しませんでした。

液体石けんを使ったときも状況は同じ。洗濯の途中で何度も一時停止させ、様子を見たのですが、粉石けんの溶け残りではなく、すすぎの段階で出た石けんカス(金属石けん)なのは間違いないようでした。

いったん石けんカスがついてしまった洗濯物に、もう1回すすぎをかけてもほとんど効果なく、代わりに水だけで「洗い」をかけるときれいになることから、すすぎが弱すぎるのが原因と考えます。

観察していると、注水すすぎ1回は、実際にはためすすぎ30秒(水流強め)+注水すすぎ30秒(水流強め)+ためすすぎ30秒(水流ごく弱め)の1分30秒しか行っていません。

何度も試行錯誤した結果、石けんを使った「洗い」⇒脱水⇒(水だけ)洗い⇒脱水⇒(水だけ)洗い⇒脱水とすることで、使用水量を無駄に増やすことなくきれいになることがわかりましたが、これでは「全自動」洗濯機とはいえません。

おまかせモードのほかに、「わたし流」の設定や「つけおき洗い」設定はありますが、すすぎの強さや長さを設定することはできません。

あまりに困って、念のため、メーカーに点検を依頼したのですが、「異常なし」ということでした。
石けんカス対策については「石けんの使用量を減らしてください」だそうです。
石けん洗濯のメカニズムを知らない方はすぐそう言うようですね。
でも、洗いの最後まで泡がぎりぎり残る量を確認していますのでこれ以上減らせません(といっても、標準使用量の1.5倍くらいになってしまってますが)。

最近の洗濯機は、すすぎを簡単にすませる傾向があるのか、パナソニックが特にそうなのかわかりませんが、石けん洗濯に根本的に合わない洗濯機があるということのようです。メーカーには改善を求めたいです。

2017年02月25日
0人の方がこのトピックをお気に入りに入れています
お気に入りに登録

Comment list

[ このトピックへのコメント受け付けは終了しました ]

石鹸百科の通販サイト石けん百貨

洗濯機レビューとおすすめ洗濯機・口コミ情報に関連した取り扱い商品
  • 石けん百貨石けん百貨

    石鹸、セスキ炭酸ソーダ、重曹など石鹸生活に必要な商品が揃うオンラインショップ

  • 石鹸百科石鹸百科

    石鹸の基礎知識から使い方まで、石鹸生活の総合情報サイト

  • 読んで美に効く基礎知識読んで美に効く基礎知識

    スキンケア・ヘアケアや化粧品の知識と日々のお手入れに役立つテクニックなどをご紹介

  • ニセ科学と石けんの諸問題ニセ科学と石けんの諸問題

    石鹸生活の中で出会うことの多いニセ科学の問題点を、客観的、科学的、合理的な観点から検証する情報サイト

株式会社 生活と科学社