石鹸百科
検索
Topic title

石鹸における脂肪酸の種類について

tanemusi

石鹸の定義として、炭素原子が8個以上の脂肪酸のアルカリ塩、とあったのですが、炭素原子が8個未満では石鹸として成り立たないのはなぜでしょうか?また、炭素原子の数が8個より多ければどの脂肪酸でも石鹸が出来上がるのでしょうか?

2017年07月14日
0人の方がこのトピックをお気に入りに入れています
お気に入りに登録

Comment list

コメントする
  • Re: 石鹸における脂肪酸の種類について

    水風翠

    炭素原子8未満の脂肪酸(短鎖脂肪酸)は石鹸として作用せず、酢酸に於いては「酢酸と水酸化ナトリウムを反応させる事で酢酸ナトリウム化し、酢酸ナトリウムを水酸化ナトリウムとともに強熱すると、メタン(ガス)が得られる。」(wikipedia 酢酸ナトリウム より)
    と、とても危険です。

    また、炭素が多くなると融点が上昇しますので一般的な水に溶かして利用する事を前提とすれば、飽和脂肪酸のC16パルミチン酸、C18ステアリン酸が現実的限界だと思います。

    2018年06月12日
    親投稿前の投稿次の投稿

Trendy Keyword

機能・成分についてなどの科学的な議論・質問
注目のキーワード

石鹸百科の通販サイト石けん百貨

機能・成分についてなどの科学的な議論・質問に関連した取り扱い商品
  • 石けん百貨石けん百貨

    石鹸、セスキ炭酸ソーダ、重曹など石鹸生活に必要な商品が揃うオンラインショップ

  • 石鹸百科石鹸百科

    石鹸の基礎知識から使い方まで、石鹸生活の総合情報サイト

  • 読んで美に効く基礎知識読んで美に効く基礎知識

    スキンケア・ヘアケアや化粧品の知識と日々のお手入れに役立つテクニックなどをご紹介

  • ニセ科学と石けんの諸問題ニセ科学と石けんの諸問題

    石鹸生活の中で出会うことの多いニセ科学の問題点を、客観的、科学的、合理的な観点から検証する情報サイト

石けん百貨株式会社